NO WAR KNOW NUKES Final Event
『ヒバクシャ 世界の終わりに』上映&トーク
「個がメディアになる時代に... -Takae, Iraq, Nagasaki,Fukushima」
高遠菜穂子×鎌仲ひとみ×丹下紘希×林田光弘

- - - - - - - - - - - - - - -

「NO WAR KNOW NUKES」のキャンペーンの最終イベントとして、
ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ」の上映&トークイベントを行います。

トークでは、イラクの現場で支援を続ける高遠菜穂子さんをお招きし、
キャンペーンの主催である鎌仲ひとみ、丹下紘希を交えクロストークをします。
イラクの現場で支援を続ける高遠菜穂子さんから、
イラクで実際になにが起こっているのか、お話を伺いながら、
いかに世界の戦争・紛争が起きている現場とメディアの伝えることが
かけ離れているかについて考える機会にしたいと思います。
鎌仲ひとみ、丹下紘希さんにも映像作家の視点から
「いかに真実を知り、伝えるのか」を話していただきます。
今回は次世代への継承もテーマのひとつとして捉え、
林田光弘さんには自身の活動を紹介していただきながら、
ファシリテーターとしてご参加いただきます。

- - - - - - - - - - - - - - -

日時/10月10日(月)16:45~20:30(16:15開場)

タイムテーブル/
16:15~ 開場
第1部
16:45~16:50 挨拶
16:50~18:50 「ヒバクシャ」上映
18:50~19:00 休憩
第2部
19:00~19:05 挨拶
19:05~19:15 「戦争のつくりかた」上映
19:15~20:15 トーク
 高遠菜穂子×鎌仲ひとみ×丹下紘希
 ファシリテーター 林田光弘
20:15~ 20:25 質疑応答
20:25 閉会挨拶
場所/明治学院大学 白金校舎 本館10階 大会議場

資料代/学生・明学関係者:無料
一般: 1,000円
※当日の受付時にお支払いいただきます。

- - - - - - - - - - - - - - -

※「NO WAR KNOW NUKES」キャンペーン概要※
原発の再稼働、安保法案成立ー今、日本がまた大きく舵をきろうとしています。2016年は、チェルノブイリ原発事故から30年、
そして終息しないままに福島原発事故から5年となります。
もう一度、核や被ばくと戦争の問題をみなさんと考えていきたい。
そんな思いから鎌仲ひとみの2作品とNOddINの映像作品を 日本中で上映するキャンペーンをしています。
http://nowarknownukes.com

- - - - - - - - - - - - - - -

高遠菜穂子(たかとお なほこ)
イラク支援ボランティア。エイドワーカー(人道支援者)。
1970年、北海道生まれ。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。
2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に専念。
2003年5月からイラクでの活動開始。
2004年4月にイラク・ファルージャで「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。
解放後、日本国内で「自己責任」バッシングを受ける。
現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。
「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。
著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。ーイラク最激戦地からログインー』(大月書店)。

鎌仲ひとみ(かまなか ひとみ)
映像作家。早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。
カナダ、NYでの活動を経て95年に帰国。
以来、フリーの映像作家としてテレビ、映画の監督をつとめる。
1998年より自主制作映画に専念、「ヒバクシャ─世界の終わりに」「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」を連続的に製作。
311以前からこれら「核をめぐる3部作」で核と被ばくをテーマに問題提起をし続け、市民による草の根の自主上映で新しい映画上映スタイルを切り開いてきた。
現在、「小さき声のカノン-選択する人々」を全国で上映中。
多摩美術大学非常勤講師。
主な著作『原発のその先へ-ミツバチ革命が始まる』『今こそ、エネルギーシフト』(共著)など。
http://kamanaka.com/

丹下紘希(たんげ こうき)
映像作家 / アートディレクター / 人間
舞踏家大野一雄に師事。数多くのアーティストのジャケットのデザイン、ミュージックビデオを手がける。
2012年、非核、非戦を宣言し、NOddINという社会芸術運動を仲間と立ち上げて活動している。
現在は映像の問題は「現実感の喪失」だとして映像との付き合いに疑問を持っているが、同時に映像を愛してもいる。

林田光弘(はやしだ みつひろ)
明治学院大学国際学研究科国際学専攻博士課程前期1年。
長崎出身被爆三世。
元高校生平和大使、2010・2015年NPT再検討会議参加。
元SEALDs立ち上げメンバー。
現在ヒバクシャ国際署名事務局キャンペーンリーダー。
- - - - - - - - - - - - - - -

共催/ぶんぶんフィルムズ
明治学院大学国際平和研究所
劣化ウラン廃絶キャンペーン

お問い合わせ/ぶんぶんフィルムズ
TEL: 03-6379-3938
Mail: movie@kamanaka.com


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年10月10日
開催場所明治学院大学 白金校舎 本館10館大ホール
( 東京都 港区 白金台 1-2-37 本館 10階)
参加費1,000円(税込)
定員90人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2016年10月10日

NO WAR KNOW NUKES Final 『ヒバクシャ 世界の終わりに』上映&トーク

東京都 港区 白金台 1-2-37 本館 10階

http://kokucheese.com/event/index/426418/

NO WAR KNOW NUKES Final Event 『ヒバクシャ 世界の終わりに』上映&トーク 「個がメディアになる時代に... -Takae, Iraq, Nagasaki,Fukushi...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク