Androidアプリ、組込、サーバーサイドなど広汎な開発シーンにおいて、ライトウェイト言語の存在感がいよいよ高まっています。

 今年2月には、Javaを代替可能なJVM言語・ Kotlinの正式版(v.1.0.0)がリリースされました。文法がシンプルかつ安全で、Javaの弱点を補完しつつ、関数型プログラミングの要素も取り入れた新しいオブジェクト指向言語です。Android上でも動作可能なので、「Javaの経験者はもとより、Javaを知らないエンジニアにもAndroidプログラミングの門戸を開く」と期待されています。

 GoogleのGoが、Androidに続きiOSにも対応したのは、その6カ月前でした。Go言語はGoroutine
やChannel等で並列処理に対応しつつも言語仕様が軽いことから、サーバーサイドや組込分野で威力を発揮し、Dockerにも使われています。

 Go言語を開発したのは、C言語やUNIXの作者です。このことは、プログラミング言語の主流が軽量言語に向かっている証であると言えます。今後C/C++やJava、Objective-C等を経験しないエンジニア世代も育ってくるでしょう。

 こうしたトレンドを受け、「ライトウェイト言語で行こう!」というテーマのもと、Android・Kotlin・Go言語の3つを軸にした開発者ミーティングを開催します。第1講演は「日本Androidの会」理事長の嶋是一氏、第2講演は『Kotlinスタートブック』を上梓したばかりの長澤太郎氏(日本Kotlinユーザーグループ代表)、第3講演は『Go言語入門』の著者のひとり、飛松清氏によるGo言語および最新Webプロトコル実装の解説へと続きます。

 いまどきのプログラミング言語の動向を感じることのできる楽しい午後になるでしょう。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年10月18日(13時30分~16時10分(受講受付は開場の13時より))
開催場所きゅりあん(品川区立総合区民会館)8階大ホール
(東京都品川区東大井5-18-1)
参加費無料
定員1,000人(先着順)
主催

イベント概要

2016年10月18日

Kotlin/Go言語デベロッパーミーティング

東京都品川区東大井5-18-1

http://kokucheese.com/event/index/426687/

 Androidアプリ、組込、サーバーサイドなど広汎な開発シーンにおいて、ライトウェイト言語の存在感がいよいよ高まっています。  今年2月には、Javaを代替可能なJVM言語・ Kotlinの正式版(...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク