マイナス金利で賢く生活するための術を教えます。
1.お金を増やす
2.出費を収入に替える
この2つのテーマで
他ではちょっと聞けない内容満載です。

マイナス金利を活かす資産運用セミナー

都合の悪い方は他の日程をチェックしてください

★友達、家族3人集まればワンコインで出張セミナーも行います

【日時】2016年 10月24日(月)19:30~21:30
【場所】㈱ライフアシスト 新潟支社 セミナールーム
新潟市西区平島1301-2F 駐車場有
【参加費】無料
【定員】6名(最大8名まで)
【内容】
・これからの時代に合った貯蓄方法
・資産運用の仕組みを知る
・分散投資投の必要性と仕組みを知る
・支払方法を工夫すると出費をこんなに軽減できる
・貯蓄効果を大きくする確定拠出年金の活用法
・住宅ローンの組み方

【申込み】
①電話  090-9328-8836
②Fax  025-285-3369
③メール yamahp07@gmail.com
名前と連絡先を記載ください

【個別相談】
今回のセミナーに参加された方は90分無料個別相談が受けられます。日時は応相談で ^^

【なぜ無料でセミナーをするのか!!】
将来のためのお金についてしっかり考えていない人が多い。
考えて対策している人でもさっぱり増えない貯蓄をしている。
という現状があります
なのできちんと教えないと将来必要なお金は増やせないのです。

これから特に「公的年金は補助」として考えほしいのです。
本気で自助努力しないと老後の生活は守れないかもしれません
そんな話が財政制度等審議会 財政制度分科会で話し合われています
企業の退職金を確定拠出年金へ、NISAのはじまり・・・など
意図的に国民に自助努力をと誘導しているとしたら
そのメリット(税金優遇)を使って老後資金を作った方がよいと思います
なんとなくやっている会社の確定拠出年金も真剣に運用を考えるか考えないかで退職金の額も相当変わってくるのではないでしょうか

★財政制度等審議会 財政制度分科会議事録より抜粋
「公的年金はあくまでも老後のリスクをシェアするための補完的な部分だというメッセージを出しておけば、多少給付水準が下がっても、あるいは、支給開始年齢が引き上がっても、対応できるわけです」

★「 今、401kとか、あるいは、最近ですとNISAとか、様々な動きはあるのですが、それを全ての若い世代の人たちが、若いときからきちんと準備できるような、そのような環境整備を行っていけば、
公的年金はあくまで補助的な手段だということになり、多少給付水準が削減されて、実質的に公的年金の負担が増えても、たいしたことではないということになります」

分無料個別相談が受けられます。日時は応相談で ^^


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年10月27日(19:30~21:30)
開催場所ライフアシスト新潟支社コンサルルーム
(新潟県新潟市西区平島1301)
参加費無料
定員6人(先着順)
申し込み開始2016年10月20日 00時01分から
申し込み終了2016年10月27日 18時00分まで
主催

イベント概要

2016年10月27日

本気で学ぶ資産運用in新潟

新潟県新潟市西区平島1301

http://kokucheese.com/event/index/434021/

マイナス金利で賢く生活するための術を教えます。 1.お金を増やす 2.出費を収入に替える この2つのテーマで 他ではちょっと聞けない内容満載です。 マイナス金利を活かす資産運用セミナー 都合の悪い方...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク