タイトル:第22回UXD initiative 研究会「イタリアデザインの源流とWS
     ープロジェッタツィオーネの源流とブルーノ・ムナーリのワークショップ」

山崎研究室とUXD initiativeとの共催で、ローマ在住の多木陽介さんをお招きして講演とワークショップを開催します。今年は、多木陽介さんがこれまで探求してきた「イタリアのデザイン(プロジェッタツィオーネ)の源流」というお話いただき、ブルーノ・ムナーリのワークショップを体験してみます。イタリアのデザインの発想を体験的に学ぶ、貴重な機会です。皆様のお越しをお待ちしています。

日時:12月13日(火)18:20-20:50(開場は18:00)
場所:千葉工業大学津田沼キャンパス(津田沼駅より徒歩3分)
主催:千葉工業大学山崎研究室、UXD initiative
参加費:無料


講師:多木 陽介(演出家、批評家、ローマ在住)
プログラム:イタリアデザインの発想とワークショップ
・イタリアのデザイン(プロジェッタツィオーネ)の源流の講義
・ブルーノ・ムナーリのワークショップ

講師プロフィール:多木 陽介
1962年生まれ。1988年に渡伊、現在ローマ在住。演劇活動や写真を中心とした展覧会を各地で催す経験を経て、現在は多様な次元の環境(自然環境、社会環境、精神環境)においてエコロジーを進める人々を扱った研究を展開。芸術活動、文化的主題の展覧会のキュレーション及び、デザイン、講演、そして執筆と、多様な方法で、生命をすべての中心においた人間の活動の哲学を探究する。

著書に『アキッレ・カスティリオーニ − 自由の探求としてのデザイン』(AXIS)、訳書にマルコ・ベルポリーティ著『カルヴィーノの眼』、プリーモ・レーヴィ著『プリーモ・レーヴィは語る』(いずれも青土社)、アンドレア・ボッコ、ジャンフランコ・カヴァリア著『石造りのように柔軟な』(鹿島出版)などがある。

・twitter #uxdini


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年12月13日(18:20-20:50)
開催場所千葉工業大学津田沼キャンパス
(千葉県習志野市津田沼2-17-1 )
参加費無料
定員20人(先着順)
申し込み終了2016年12月12日 00時00分まで
主催

イベント概要

2016年12月13日

第22回UXD initiative 研究会イタリアデザインの源流とWS

千葉県習志野市津田沼2-17-1

http://kokucheese.com/event/index/440617/

タイトル:第22回UXD initiative 研究会「イタリアデザインの源流とWS      ープロジェッタツィオーネの源流とブルーノ・ムナーリのワークショップ」 山崎研究室とUXD initiat...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク