【先生の学校2月 季節に一度の連続シリーズ第2回目】
「オリンピック・パラリンピック教育を考える 」〜「障害者理解」って何だ?〜」
開催のお知らせ

この連続シリーズは、3ヶ月おきに2020年11月まで開催する予定です。
シリーズの第2回目のテーマは、「「障害者理解」って何だ?」です。

「オリンピック・パラリンピック教育」では、
以下の五つの資質を育成することが掲げられています。
1、ボランティアマインド
2、障害者理解
3、スポーツ志向
4、日本人としての自覚と誇り
5、豊かな国際感覚

どの項目も、日々の学びに密接に関わる内容ですが、実際どう育めばいいのか、一つ一つのテーマをじっくり考えていきます。そして、それぞれの現場で自分たちにできることは何なのかを探ります。

今回は、パラリンピック車椅子バスケットボール元日本代表選手であり、全国の小中高等学校で授業を行っている根木慎志さんをお迎えし、「障がい」って何?「障害者理解」ってどういうこと?など、少人数でじっくりと考えます。

先着12名ですので、お早めにお申込みくださいませ。

【開催概要】
日時:2017年2月4日(土)13時~16時
会場:EFC下北沢セミナールーム(東京都世田谷区代田6-12-33 Sビル1階)

ガイド:
根木慎志(ねぎしんじ) 
 シドニーパラリンピック車椅子バスケットボール元日本代表チームキャプテン。現在は、アスリートネットワーク副理事長、日本パラリンピック委員会運営委員、日本パラリンピアンズ協会副理事長、Adapted Sports .com 代表を務め、小・中・高等学校などに向けて講演活動を行っている。
「あすチャレ!School」
https://www.parasapo.tokyo/asuchalle/school/

ファシリテーター:
山本愛弓(やまもと あゆみ)
 東京都区立小学校教諭

サポーター:
中川綾(なかがわ あや)EFC理事、元中高保健体育教員
長尾彰(ながお あきら)EFC理事、日本レースラフティング協会理事

定員:12名
参加費:3,000円
(当日会場でお支払いください。また、当日キャンセルの場合は100%お支払いただきます)

対象:教員、学生、社会スポーツに関わる方などこれからオリンピック・パラリンピック教育に携わる方


【こんな方にオススメです。】
1.東京都から副読本を配られたが、オリンピック・パラリンピック東京大会の開催に向けて、何をどうしていいかよくわからない方
2.自分もオリンピック・パラリンピックに何かしらの形で参加したいと思っているがどうしていいかよくわからない方
3.教科と直接関係がないような事柄をどうやって教科学習に結びつけたらいいかヒントを得たい方
4.他の小学校・教員が実践している事例を本人から直接聞きたい方
5.東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることが決まったときは嬉しかったが、今はなんとなく面白くなくて冷めてしまった方

【こんな内容を扱います。】
※内容は状況に応じて変わる場合があります。
◎「障がい」って何?
◎「障害者理解」ってどういうことなのだろう?
◎具体的にどんな実践が可能?
◎自分たちにできることってなんだろう?

先だって、東京都教育委員会はオリンピック・パラリンピックを開催を踏まえ、
2種類の副読本をすべての小学校に配布しました。
そして教員の一助となるように、「東京都オリンピック・パラリンピック教育」の
サイトもオープンしました。 https://www.o.p.edu.metro.tokyo.jp/

オリンピック憲章には次のように記されています。
「オリンピック競技大会のよい遺産(レガシー)を、開催都市ならびに開催国に残すことを推進する」

東京都は「2020 年に向けた東京都の取組ー大会後のレガシーを見据えてー」として、
取組の方向性を公開しています。
http://www.2020games.metro.tokyo.jp/2020_legacyWEB.pdf

この資料の43ページ以降には、オリンピック・パラリンピックを通じた人材育成のことが触れられています。
役所が作るものですから、総花的です。

しかし、レガシーは役所や役人や政治家のみによってもたらされるわけではありません。
レガシーを残すのは、私達都民です。
この街に住む私達が、オリンピック・パラリンピックという機会を通じてそれぞれのレガシーを残します。この連続シリーズは、3ヶ月おきに2020年11月まで開催する予定です。全16回のシリーズの第2回目のテーマは、「障害者理解」です。
パラリンピックの「当事者」である根木さんと、少人数でじっくりと考えます。
先着12名ですので、お早めにお申込みくださいませ。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年02月04日
開催場所下北沢フューチャーセンター
(東京都世田谷区代田6−12−33 Sビル1階)
参加費3,000円(税込)
定員12人(先着順)
申し込み開始2017年01月11日 00時00分から
申し込み終了2017年02月04日 12時00分まで
主催

イベント概要

2017年02月04日

先生の学校2月 オリンピック・パラリンピック教育を考える

東京都世田谷区代田6−12−33 Sビル1階

http://kokucheese.com/event/index/448278/

【先生の学校2月 季節に一度の連続シリーズ第2回目】 「オリンピック・パラリンピック教育を考える 」〜「障害者理解」って何だ?〜」 開催のお知らせ この連続シリーズは、3ヶ月おきに2020年11月まで...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク