世界的に行われるオープンデータデイ。
北九州では先行して行います!

ITを使った地域活性の一環として
RESAS(地域経済分析システム)と、データ分析ツール「 Tableau Desktop」のハンズオン(体験学習)とRESASを利用したグループワークを行う「オープンデータデイ2017 in Kitakyushu」を開催します。

あなたの知らない北九州の一面が見つかるかも!?


RESAS(リーサス)とは
地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、
まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する、
産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。
https://resas.go.jp/


Tableau(タブロー)とは
全世界42,000社、国内2,000社以上が活用している
データディスカバリーツールで、セルフBIツールとも言われます。
特に高速データ処理、多彩な表現力、直感的な操作性が高く評価されています。


【開催日時】
2017 年 2 月 11 日(土) 10:00-18:00 (9:45 開場、10:00 開始 )

【場所】
Fabbit 

福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14−3
あるあるCity 2号館3階

【スケジュール】
第一部 ハンズオンセミナー&オープンデータ紹介
・RESAS ハンズオンセミナー (10:00~11:20)
・Tableau Desktopハンズオンセミナー (11:20~12:20)
・北九州市オープンデータの取り組み (12:20~12:30)

昼食休憩 (昼食は各自でお願いします。)

第二部 RESAS アイデアソン (13:30~17:00)
第三部 交流会 (17:00~18:00)※希望者のみ

【イベント内容】
RESAS、Tableau Desktopについて紹介し、実際に体験していただきます。
午後からはRESASで分析したデータを使って、アイデアソン(グループワーク)を行います。

【対象】
社会人、学生問わずどなたでもご参加いただけます。


【定員】
40 名
※満席の場合はご参加いただけない場合がございますのでお早めにご予約ください。

【料金】
無料です。交流会はワンドリンク制(500円)です。(交流会参加は希望者のみ)
交流会の参加については当日お伺いいたします。


【主催】
Code for Kitakyushu


【共催】
公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター
https://www.facebook.com/HMC.Kyushu/


【注意事項】
本セミナーではTableau Desktopが必要です。
「こくちーず」で申し込みいただいた際に、メールにてアドレスをお知らせします。
そこに記載されたアドレスから無料の試用版をダウンロードして、インストールされたノートパソコンを必ず持参ください。

RESASは、動作環境として、Google Chrome41.0 以降が推奨されています。Google Chromeをダウンロードして、インストールをお願いします。IE(インターネットエクスプローラー)は動作しないのでご注意ください。

ノートパソコンの貸出は行っておりませんので、必ずご持参ください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年02月11日
開催場所Fabbit
(福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14−3 あるあるCity 2号館3階)
参加費無料
定員40人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年02月11日

オープンデータデイ2017 in Kitakyushu

福岡県北九州市小倉北区浅野2丁目14−3 あるあるCity 2号館3階

http://kokucheese.com/event/index/451036/

世界的に行われるオープンデータデイ。 北九州では先行して行います! ITを使った地域活性の一環として RESAS(地域経済分析システム)と、データ分析ツール「 Tableau Desktop」のハンズ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク