W3C日本語組版の要件(JLREQ)の登場は、これまで内弁慶であった日本語組版を大きく変えました。今や、英語を含むさまざまの言語についてWebへの組版要求をまとめるには、JLREQにならって要件文書を書くことがW3Cでは普通になっています。JLREQがなければ、EPUB 3の国際化も出来なかったかもしれません。IDPFがW3Cに統合されたいま、JLREQがEPUBに及ぼす影響はさらに大きくなったとも言えます。なお、JLREQをまとめるにあたって中心的な役割を果たした小林敏氏は、2016年12月にJEPA30周年特別賞を受賞されました。

IDPFのW3Cへの統合が決定し、Web技術がどこまでJLREQを満たしているかを評価しようという試みが最近始まりました。2017年1月に、Vivliostyle社がW3Cに提出したメンバーサブミッション「Web技術を用いた日本語組版の現状(Current Status of Japanese Typography Using Web Technologies)」です。今後、このサブミッションがW3CにおけるCSS及びEPUBの仕様制定に影響を与えるものと期待されています。今回のセミナーでは、JLREQの成立を振り返りつつ、今後JLREQをどのように仕様制定に役立てるかを考えていきたいと思います。

・W3C慶應ご挨拶 芦村常務取締役
・IDPFご挨拶 吉井理事
・JLREQ策定の経緯、現在と未来 小林龍生氏、小林敏氏、Richard Ishida氏(英国からSkype)
・JLREQとCSS比較表の説明 村上真雄氏、村田 真氏

日時:3月17日(金) 15:00-17:30(14:30受付開始)
料金:JEPA会員社、W3C会員社、IDPF会員社:無料、非会員社:3000円
会場:飯田橋 研究社英語センター B2F 大会議室
主催:日本電子出版協会(JEPA)
後援:W3C(World Wide Web Consortium)

※JEPA会員社は下記URLに記載されている企業・団体のみです。
http://www.jepa.or.jp/member_company/
会員社の法人構成も複雑になり、事務局で把握することが困難となりました。関係会社それぞれが個別に会員になられている場合もありますので、JEPA会員社リストに社名掲載の企業・団体以外は原則的に「非会員」とさせていただきます。
会員登録企業のグループ会社でセミナー参加希望の方は、申込時会員登録企業名で申し込んでください。
※非会員は当日3000円を会場受付でお支払いください。宛先無記名の領収書を発行します。
※お申込み頂いたメールアドレスはJEPA主催のセミナー紹介にのみ利用させていただきます。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年03月17日(15:00~17:30 (受付開始 14:30))
開催場所飯田橋:研究社英語センター
参加費3,000円(税込)
定員200人(先着順)
申し込み開始2017年02月06日 06時00分から
申し込み終了2017年03月17日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年03月17日

JLREQの今日と明日、そしてCSS日本語組版

http://kokucheese.com/event/index/452810/

W3C日本語組版の要件(JLREQ)の登場は、これまで内弁慶であった日本語組版を大きく変えました。今や、英語を含むさまざまの言語についてWebへの組版要求をまとめるには、JLREQにならって要件文書を...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク