東日本大震災から6年になろうとしているが、被災地での声を聴くとこころの傷は癒えていないのが現状である。
そのなかにあって被害の大きかった石巻市がラグビーワールドカップのキャンプ地として名乗りを上げ、ラグビー精神である「前へ」を実践しながら、復興に取り組んでいる。
当協会は、被災地の方々に元気を与えてくれるラグビーをテーマに交流会を企画した。
今回は、日本代表経験者をお招きし、子供たちにはラグビーをプレイする楽しさや上手になる方法を経験談やエピソード等、また、ラグビーをより楽しめる観戦方法やラグビーならではの注目して欲しい場面などもお話しいただきながら、来場者の皆さんと交流する。
     
パネリスト・コーディネーター
   ・太田 治氏((公財)日本ラグビーフットボール協会トップリーグ委員会委員長。) 
   ・桜庭吉彦氏(釜石シーウェイブスゼネラルマネージャー) 
   ・堀越正巳氏(立正大学ラグビー部監督)
   ・村上晃一氏(コーディネーター)(ラグビージャーナリスト)

日 時 平成29年3月4日(土) 午後2時~
場 所 東北学院大学土樋キャンパスホーイ記念館ホール      
主 催 宮城県ラグビーフットボール協会
後 援 (公財)日本ラグビーフットボール協会/河北新報社/東日本放送  

========================================================
太田 治 氏(パネリスト)
 (公財)日本ラグビーフットボール協会トップリーグ委員会委員長
秋田工業高校→明治大学→NEC。現役時代のポジションはプロップ(1番)。85年(明治大3年時)全国大学選手権優勝。86年(明治大4年時)日本代表選出(アメリカ戦初キャップ)、89年のスコットランド戦の歴史的勝利、91年ワールドカップ(イングランド大会)の初勝利に貢献。
日本代表キャップ27。2000年NECグリーンロケッツ監督に就任し02年度の日本選手権優勝。 03年度、副部長としてマイクロソフトカップ初代王者、04年度、日本選手権優勝。05年に日本代表の初代ゼネラルマネージャーに就任、その後7人制日本代表チームディレクター、日本ラグビーフットボール協会競技運営部/トップリーグ事業部長を経て現職。
========================================================
桜庭 吉彦 氏(パネリスト)
釜石シーウェイブスRFC ゼネラルマネージャー
秋田工業高校→新日本製鐵㈱釜石製鐵所。在職中に法政大学通信教育部文学部卒業。現役時代のポジションはロック。84年度全国高校ラグビーフットボール大会優勝、同年高校日本代表ウェールズ遠征参加。86年度全国社会人大会準優勝。86年から99年まで日本代表として87年、95年、99年のワールドカップに出場。日本代表キャップ43。02年から05年まで釜石シーウェイブスRFC ヘッドコーチを務め、現在、同チームのゼネラルマネージャー。また、13年からラグビーワールドカップ2019アンバサダーに就任し全国各地で活動している。
========================================================
堀越 正己 氏(パネリスト)
立正大学ラグビー部監督
熊谷工業高校→早稲田大学→神戸製鋼。現役時代のポジションはスクラムハーフ。86年度(熊谷工3年キャプテン)高校日本代表選出(NZ遠征)、全国高等学校大会準優勝。88年度(早稲田大2年時)日本代表選出(オックスフォード大戦初キャップ)。神戸製鋼に入社した91年度から94年度まで日本選手権優勝。91年、95年のラグビーワールドカップに出場。日本代表キャップ26。99年4月立正大学ラグビー部監督に就任、現在に至る。14年、女子7人制ラグビーに特化したNPO法人「ARUKAS KUMAGAYA」を設立。15年、埼玉ラグビーアンバサダーに就任。
========================================================
村上 晃一 氏(コーディネーター)
ラグビージャーナリスト
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。JSPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年まで5回のワールドカップでは現地よりコメンテーターを務めた。著書に、「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「ハルのゆく道」(道友社)などがある。
========================================================


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年03月04日(開始 14:00~)
開催場所東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館ホール
(宮城県仙台市青葉区五橋2丁目7-25)
参加費無料
定員200人(先着順)
申し込み開始2017年02月15日 00時00分から
申し込み終了2017年03月02日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年03月04日

ラグビー講習会・交流会 『ラグビーのとっておきの話を聞こう』

宮城県仙台市青葉区五橋2丁目7-25

http://kokucheese.com/event/index/453820/

東日本大震災から6年になろうとしているが、被災地での声を聴くとこころの傷は癒えていないのが現状である。 そのなかにあって被害の大きかった石巻市がラグビーワールドカップのキャンプ地として名乗りを上げ、ラ...

お申込みはこちら

スポンサード リンク