「第1回 部活動のあり方を考え語り合う研究集会 in目白」

■■■トークセッション「部活動の問題をどう解決するのか?」■■■
 中澤篤史氏(早稲田大学准教授)
 本間大輔氏(部活問題対策プロジェクト)
 長沼豊(学習院大学教授)

日時:2017(平成29)年3月26日(日)午後2:00~5:00
場所:学習院大学 北1号館2階 201教室(JR山手線目白駅下車徒歩5分)

部活動のあり方を真剣に考えてきた3人が熱いトークを繰り広げます。
顧問教員の過重負担の問題はメディアでも取り上げられ社会問題化し、2016年は「部活動改革元年」になりました。そして2017年は、この問題を掘り下げて、確実な進展につなげる改革2年目です。生徒の強制加入、過酷な練習、外部指導員の質の問題などもあります。
これらの問題をどう解決すればよいのでしょうか?

そこで、このイベントでは教員、生徒、保護者、教育行政、メディアなど、部活動のあり方に興味・関心のあるかたが一堂に会し、SNSではなく顔をあわせて、解決の方策についてじっくり考え深めます。(今後定期的に開催予定です。)

1回目の今回は、2月に『そろそろ、部活のこれからを話しませんか 未来のための部活講義』を出版された中澤篤史氏、文科省へ顧問選択権の要望書と署名を提出した部活問題プロジェクトの代表・本間大輔氏をお迎えし、当研究室の長沼豊とトークセッションを行います。長沼は「全国一斉NO部活動デー」を提唱し、中澤氏とはTBSラジオでの共演以来、本間氏とは文科省へ一緒に要望書を提出して以来のつながりです。

定員:100人(申込先着順)必ず事前申し込みをお願いします
参加費:500円(資料代)当日受付でお支払いください

主催:学習院大学文学部教育学科長沼研究室
共催:学習院大学文学部教育学科
後援:部活問題対策プロジェクト


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年03月26日(午後2:00~5:00)
受付は午後1:30~
開催場所学習院大学 北1号館2階 201教室
(東京都豊島区目白1-5-1)
参加費500円(税込)
定員100人(先着順)
申し込み終了2017年03月26日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年03月26日

第1回 部活動のあり方を考え語り合う研究集会 in目白

東京都豊島区目白1-5-1

http://kokucheese.com/event/index/456509/

「第1回 部活動のあり方を考え語り合う研究集会 in目白」 ■■■トークセッション「部活動の問題をどう解決するのか?」■■■  中澤篤史氏(早稲田大学准教授)  本間大輔氏(部活問題対策プロジェクト)...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク