■今回のセミナーでは、

自己催眠の基礎から応用までをお伝えします。

催眠の状態になると、集中力、閃き力、洞察力が高まり、良いアイデアがたくさん浮かんでくるようになります。

そこで、ビジネスやプライベートで、何か良いアイデアを得たいとき、
通常の意識状態で頭をひねるよりも、自己催眠状態になった方が、遙かに良いアイデアが浮かんできます。

この状態を
心理学者のユングは集合無意識に繋がった状態と、
京セラの稲盛さんは、智惠の蔵に繋がった状態と、
心理学者のミハイ・チクセントミハイはフロー状態と呼んでいます。

催眠の状態は、日常に役立つとても気持ちの良い状態です。

■今回は、更にこの状態を一歩進めて、擬人化し、ガイドと呼びます。

良いアイデアや、良いアドバイスを教えてくれる人生のガイドさんだとイメージします。

何度か練習して慣れてくると、自己催眠状態になって、目の前に人生のガイドをイメージして、質問を投げかけると、役立つメッセージが閃くようになるのです。
とても便利です。

自己コントロールも容易に出来るようになります。

あなたもセミナーに参加しましょう

 

■□■□■□■□■□■□■□■□
 セミナーの詳細内容
■□■□■□■□■□■□■□■□

 ■心の重要性


ソニーの創立者の井深大氏いわく

“科学技術が進歩しても、世の中が少しも良くなっていない。
それは、20世紀は物質的豊かさを追求した時代だったから。
21世紀は心の豊かさが大切な時代。心の研究をせよ。」

そこで、ソニー株創立者の井深大氏が所長となり生命情報研究所ができ、心の研究が始まりました。

■ガイドに繋がるメリット


1、ビジネスや人生の役立つ良いアイデアを無尽蔵に得る
2、自分のことを知り尽くした最高の「メンター」としてのアドバイスを得る

こんな素晴らしいことが可能となります。

■ガイドへの繋がり方


知恵の蔵に繋がった意識状態を「内なる叡智(ガイド)」として擬人化します。

ソニーで研究した新しい自己催眠法を用いて、自己催眠の状態になります。
自己催眠の状態になると、潜在意識が開き、ひらめき力や洞察力が高まります。
雑念を沈め、擬人化した「内なる叡智」として繋がります。

■参加者の感想


Aさん:「出会えて落ち着くような感じ、心がときめくような感じがしました。
姿は、丸い球ではあるんですけど、所々で妖精っぽい感じで、うっすら見えるような感じでした。
メッセージは、“自分の日常的を、日々観察して認めていくことで希望が叶うであろう”みたいな感じでした。」

Bさん:「力強い自信を持って何でも出来る、自信がある、守られていると感じました。
“今の病気が本当に治るの?”と聞いたら、
”今の方法が最高。疑問を抱く必要は無い。思いっきりやること。もっと積極的にやりなさい。“と言われました。」

Cさん:「仙人みたいな感じで白い髪の毛の長い白いひげの長い杖をもった人間のような人でした。一体になった時は人間みたいな感覚がありました。」

Dさん:「白と透明の間 静寂 全ての人智が詰まってる 全知全能 全ての知能が詰まってる 固かったり重かったり 一体になった時は、変形しつついつの間にか自分の体の中に溶け込んでいく感じでした。」

皆さん、初参加でも、しっかり繋がることができました。

 

■あなたもセミナーに参加しましょう

 


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年05月17日(10時~12時)
開催場所ラディアンス
(東京都文京区水道2-12-2 ロジェ坂田 坂田ビル205)
参加費無料
定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2017年05月17日

自己催眠で、自己コントロールを自由自在にする実習

東京都文京区水道2-12-2 ロジェ坂田 坂田ビル205

http://kokucheese.com/event/index/458218/

   ■今回のセミナーでは、 自己催眠の基礎から応用までをお伝えします。催眠の状態になると、集中力、閃き力、洞察力が高まり、良いアイデアがたくさん浮かんでくるようになります。そこで、ビジネスやプライ...

お申込みはこちら

スポンサード リンク