~思いの伝わる自分の声を見つける~

この講座は、日本語に最も合った発声法を女性能楽師から学ぶ時間です。
“自分の本来の声の響きが知りたい”“自分の声に悩みがある”“大勢の人にきちんと自分の言葉を伝えたい”“人前で話すと声が枯れる”“腹から声を出すことや和の発声法に興味がある”という方には特にお勧めです。

謡(うたい)の声(和の発声による声)を直接お聞きになったことはありますか?
能の舞台では、役者さんは能面を付けていて顔の前面は覆われているにも関わらず(面の口元はあいていますが)、劇場に声が響き渡るのはなぜでしょうか。
和の発声法は、日本語の発音法に基づいて口を大きくあけず、声を“身体に溜めた息”に響かせています。その声は発声者の身体からの振動として、聞く人の身体に直接響きます。そのため劇場の最前列にいるお客様にも、3階席にいるお客様にも、きれいに言葉が届くのです。
日本語に合った発声法がなされていると、その声は息に乗り、おのずと気持ちがあらわれます。相手を思う気持ちがちゃんと届く、伝えたいことがきちんと伝わる、その結果としてコミュニケーションがスムーズになるという効果もあるそうです。

このイベントでは、能楽師 山村庸子先生から直接和の発声法を教えていただき、個別に声の出し方をご指導いただきます。
個別指導の時間があることで本来のご自身の声を体感できますし、また人が指導されている様子を見る時間も、その場で理解を深める機会となります。

当日は、楽な服装でお越しください。

講師紹介:(ご著書「声の道場」より)
山村庸子先生 緑桜会主催
昭和23年 福岡県生まれ
昭和46年 慶應義塾大学商学部卒
昭和47年 福岡にて観世流シテ方鷹尾祥史師に入門
昭和53年 上京し、梅若六郎師に師事
昭和63年 観世流市販となり、梅若会に所属
平成17年 観世流準職分となる
「声の道場」https://www.amazon.co.jp/dp/4870781689
「声の道場2」amazon.co.jp/dp/4870781735/ref=pd_bxgy_14_img_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=30PKQJ7S309GR2E70FBR


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年06月11日(13時半~17時)
開催場所梅若能楽学院会館
(中野区東中野2-6-14)
参加費5,000円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み開始2017年03月10日 16時00分から
申し込み終了2017年06月11日 10時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年06月11日

~思いの伝わる自分の声を見つける~和の発声法ワークショップ

中野区東中野2-6-14

http://kokucheese.com/event/index/458250/

~思いの伝わる自分の声を見つける~ この講座は、日本語に最も合った発声法を女性能楽師から学ぶ時間です。 “自分の本来の声の響きが知りたい”“自分の声に悩みがある”“大勢の人にきちんと自分の言葉を伝えた...

お申込みはこちら

スポンサード リンク