「初対面の人とスムーズに会話するには?」
「人前でうまく話すには?」


仕事柄、こんな質問をよく受けます。
ハウツー的な回答はきっといろいろあるのでしょうが
いわゆる「よいコミュニケーション」の根っこには
「身体のセンス」
が実はしっかりと横たわっている氣がします。


「sense(感覚)」=ある物事への感度のよさ。


「言葉」はコミュニケーションにおいては氷山の一角。
私たちは、言葉ではない部分での「やりとり」に
大きな影響を受けています。

目には見えないけれど、
人と人、集団の間に流れている「何か」。
それをも含めたコミュニケーション空間を
私たちは「場」と呼び「場を読む」「場の空氣」などと表してきました。

そして、大切なのは
それは決して頭で捉えられるものではない、ということです。
「身体のセンサー」の役割です。



かつて
私たち日本人の周りには
ごく自然に「身体のセンサー」を磨く環境があふれていました。
こどもの遊び一つとってみても
「かごめかごめ」や「はないちもんめ」など
身体を使って声を合わせ、呼吸を合わせる
遊びがたくさんありました



また
「青」「藍色」「露草」「浅葱」といった美しく多彩な色の表現
三百を超えるという雨の呼び名…

先人が残した言葉の豊かさも
私たちがいかに繊細なセンサーでもって世界を捉え、つながり、
味わってきたかを表しています。

そして、その繊細さは日本人の長所として
「ものづくりニッポン」や「和の心」「おもてなし」のあり方を支えてきました。




情報過多。
ともすれば飲み込まれがちな、変化の大きく速いこの時代。
今、私たちが大切にすべきものは
どうもそのあたりにあるように思えてなりません。
思考だけではなく
「身体の感覚」を磨く。センサーを磨く、揺り起こす。
頭だけではなく、身体全身で世界とかかわる。

それはきっと
あなたの毎日の人とのかかわりに大きな変化をもたらすでしょうし
それこそが
何より人生を導く確かな羅針盤となることでしょう。


~~~~~~~

【このワークショップは】

・よりよいコミュケーションに必要な「受信する力」と「発信する力」、
二つの力を繊細かつバランスよく発揮するための土台となる「身体のセンス」を磨きます。


・身体感覚を通して自分の持って生まれた「特質」を確認します。自分の質をより生かして生きるためのヒントを見つけます。

  


~~~~~

●時   平成29年5月13日(土)10時~17時
●所   みたか井心亭 東京都三鷹市下連雀2-10-48  0422-46-3922
●参加費 15000 円
(4月20日までにお手続きの方は早期割引にて13000円となります)
●その他 動きやすい服装でお越しください 
(女性はタイツ、ストッキング等不可 素足になることがあります)
 水分をお持ちください
 駐車場はございませんので公共交通機関をご利用ください
   


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年05月13日
開催場所みたか井心亭
(東京都三鷹市下連雀2-10-48)
参加費15,000円(税込)
定員制限はありません
申し込み開始2017年03月21日 00時00分から
申し込み終了2017年05月12日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年05月13日

身体を開き、五感を開く~聲のワークショップinみたか井心亭

東京都三鷹市下連雀2-10-48

http://kokucheese.com/event/index/459775/

「初対面の人とスムーズに会話するには?」 「人前でうまく話すには?」 仕事柄、こんな質問をよく受けます。 ハウツー的な回答はきっといろいろあるのでしょうが いわゆる「よいコミュニケーション」の根っこに...

お申込みはこちら

スポンサード リンク