食物アレルギーを持つ子供が増加し世間の関心が年々高まっていた2012年、学校給食で食物アレルギーの子どもが亡くなるという事故があった。その後、世間では食物アレルギーに対してより過敏になり始めたのではないだろうか。これまで、食物アレルギーの治療法は、「アレルギーを引き起こす食材を除去するのが常識だったが、最近では少しずつ食べさせて治療していく方が食物アレルギーの克服につながることが分かってきた」(津曲氏)という。
そこで、本公開講座では、食物アレルギーの仕組みについてや、最近分かってきたこと、最新の治療法について神奈川県立こども医療センター・アレルギー科の津曲俊太郎氏に講演して頂く。

〇以下の三氏によるトークショーあり〇
津曲俊太郎氏
神奈川県立こども医療センターアレルギー科・医師。札幌医科大学卒業後、札幌市内の複数の医療機関を経て現在に至る。日本小児科学会、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児リウマチ学会所属。
内野美恵氏
博士(学術)、管理栄養士、公認スポーツ栄養士、日本障害者スポーツ協会科学委員会委員、日本パラリンピック委員会医科学情報サポート栄養担当、東京都食育推進委員会委員など
金子桂子氏
「コンサドールズ」プロデューサー、スタジオNEO主宰。北海道札幌市出身。20代からチアリーディングの指導にあたり、1996年には日本サッカー史上初となるオフィシャルダンスドリルチーム「コンサドールズ」を設立する。また、ミスダンスドリルの世界大会の国際ジャッジなども務める。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年05月20日
開催場所北海道立総合体育センター
(北海道札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号)
参加費無料
定員100人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年05月20日

第12回公開講座 特別講演「子どもの食物アレルギー」

北海道札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号

http://kokucheese.com/event/index/464828/

食物アレルギーを持つ子供が増加し世間の関心が年々高まっていた2012年、学校給食で食物アレルギーの子どもが亡くなるという事故があった。その後、世間では食物アレルギーに対してより過敏になり始めたのではな...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク