次回の月1原発映画祭は5月14日(日)です。
ドキュメンタリー映画『いのち』を上映、監督の林勝彦さんをゲストに迎えます。

映画『いのち』は、福島原発事故によって始まった「いのち」プロジェクトのインタビュー取材動画(※)を軸に編集されたドキュメンタリーです。

※第15章は原発都民投票リポートでした。懐かしい!
https://www.youtube.com/watch?v=q9SH9nu-VzU

監督の林勝彦さんは元NHKプロデューサーで、「驚異の小宇宙 人体」シリーズはじめ、「知られざる巨大技術・原子力」シリーズやチェルノブイリの調査報告など、科学番組を数多く手がけてこられました。当日は、ズバリ「原発と報道」をテーマに、NHKだからできたこと/できなかったことなど、率直に語っていただく予定です。
ご参加、お待ちしています!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第53回 月1原発映画祭/交流カフェ
『いのち』上映+林勝彦監督トーク「原発と報道」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■日時:2017年5月14日(日)
16:00~17:15 『いのち』上映
17:20~18:15 林勝彦監督トーク
18:30~19:30 交流カフェ

■参加費/定員(要予約)
上映(トーク付)1000円/定員30名
交流カフェ 500円(軽食+1ドリンク付)/定員20名

■映画『いのち ~from Fkushima to our future generation』
2011年5月、事故直後から1年半にわたり福島県民に寄り添い、翻弄されている多くの「いのち」を徹底追跡するとともに、NHK時代に制作したNHK特集「調査報告 チェルノブイリ原発事故」から26年、放射線が人体に与える影響の最新情報や専門家らへの取材をまとめた約70分のドキュメンタリー映画。
http://eizo-inochi.blogspot.jp/

■会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木駅・JR日暮里駅・JR西日暮里駅下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側2軒目。
築55年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。

■予約方法:以下いずれかの方法で予約してください
1.申込みフォーム
【上映(トーク付)】http://kokucheese.com/event/index/465485/
【交流カフェ】http://kokucheese.com/event/index/465486/
*「上映(トーク付)」と「交流カフェ」は別にお申込みが必要です。

2.メール eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。
*件名を「月1原発映画祭申込み」として
参加者氏名(複数お申し込みの場合は全員のお名前をお書きください)、参加内容(上映、交流カフェ)を明記してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:月1原発映画の会 http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)
問い合わせ先:eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
☆6月の予定:6月4日(日)第54回月1原発映画祭/交流カフェ
『シェーナウの想い』アンコール上映+「電気をどう選ぶ? 第2弾」
昨年4月、電力全面自由化スタートに合わせて、
FoEジャパンの吉田明子さんにお話をうかがいました。
それから1年たった今の状況と課題を、再び吉田さんに話していただきます。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年05月14日(16:00〜18:15)
15:30開場
開催場所谷中の家
(東京都台東区谷中3-17-11)
参加費1,000円(税込)
定員21人(先着順)
主催

イベント概要

2017年05月14日

第53回 月1原発映画祭/交流カフェ(上映+トーク)

東京都台東区谷中3-17-11

http://kokucheese.com/event/index/465485/

次回の月1原発映画祭は5月14日(日)です。 ドキュメンタリー映画『いのち』を上映、監督の林勝彦さんをゲストに迎えます。 映画『いのち』は、福島原発事故によって始まった「いのち」プロジェクトのインタビ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク