日本では年間40万人の人に「転勤辞令」が出ています。
また、その「転勤辞令」に伴い、仕事を辞めついていくのか、
ワンオペで仕事と育児を担うのか苦悩する家族がうまれています。

「働き方改革 」が声高に叫ばれる中、社員や家族の人生に大きな
影響を与えるにも関わらず、「人材育成」を主な目的とし当たり前
のように定期的に行われている「転勤」。

そのあり方に立ち止まって考える時期がきており、厚生労働省が
「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」を公表しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000158686.html

第3回となる転勤フォーラムでは、ダイバーシティ時代における
「転勤」のあり方について議論したいと考えております。


-日時:5月31日(水)18:30~20:30
-場所:文京区シビックセンター会議室1・2 
-参加費:無料、定員:80名
-主催:ファザーリング・ジャパン

<プログラム>
-基調講演 「ダイバーシティ経営推進に求められる転勤のあり方」
武石惠美子氏 (法政大学キャリアデザイン学部教授)
-講演 「転勤と女性のキャリアについて」
奥田絵美氏(株式会社ママそら代表取締役社長)
-パネルディスカッション
登壇者:安藤哲也 (FJ代表)、武石氏、奥田氏、川島高之(FJ理事)、荒木正太 (FJ理事)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年05月31日
開催場所文京区シビックセンター会議室1・2
(東京都文京区春日1‐16‐21)
参加費無料
定員80人(先着順)
申し込み開始2017年04月28日 00時00分から
申し込み終了2017年05月31日 19時00分まで
主催

イベント概要

2017年05月31日

第3回 "パパが考える"転勤フォーラム

東京都文京区春日1‐16‐21

http://kokucheese.com/event/index/465976/

日本では年間40万人の人に「転勤辞令」が出ています。 また、その「転勤辞令」に伴い、仕事を辞めついていくのか、 ワンオペで仕事と育児を担うのか苦悩する家族がうまれています。 「働き方改革 」が声高に叫...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク