※7/13キャンセル待ちを締め切りました。
 たくさんのお申し込みを有り難うございました。

「日本にもっとパーマカルチャーを学べる場を!」


関西を拠点とした、パーマカルチャーの学びと交流の場へようこそ♪
告知後すぐに満席となった昨年に続き、今回で2回目の開催となります。

今年は、パーマカルチャーとは何か、をテーマに据えた共同発表に加え、
食育、エネルギー、土壌改良、コミュニティ、こころとからだ、農村社会などの
パーマカルチャーのエッセンスを成すテーマについて、
新たに6組のゲストスピーカーたちが、プレゼンテーションしてくれます。

パーマカルチャーを学び、実践している方だけでなく、
これから学ぼうとする方や、上記の各テーマについて取り組みながら
新たなヒントや展開を求めている実践者の方たちにもおすすめの内容です!
定員が限られていますので、お早めのお申込をお勧めします。



**スケジュール
イベントタイトル『パーマカルチャー学びの集い in Kyoto』

日時:7月17日(月/祝)11:00〜20:10 (受付開始10:30)
会場:ひと・まち交流館 京都 第4会議室


10:30 受付開始
11:00 ごあいさつ

11:15 発表session(85分)
  ① 【パーマカルチャー】
共同発表&ディスカッション『パーマカルチャーとは?』
森下雅子・中山マサ子・橋本憲一郎

  ② 【食育/学校菜園】
西村和代 『学校に食卓を創る教育エディブル・スクールヤード』

12:40 ランチ休憩(90分)

14:10 発表session(90分)
  ③ 【創エネと省エネ】
大関はるか・山見拓『エネルギーの自給自足をはじめよう。』

  ④ 【大地の再生講座/コミュニティづくり】 
李よんひ『楽西自然農園でパーマカルチャー~それは楽園~』

15:40 ティータイム(20分)

16:00 発表session(90分)

  ⑤ 【ゾーンゼロ:自己への配慮】
永谷タイ『ヨガとは何か? パーマカルチャーの観点から』

  ⑥ 【農耕文化:新規就農】
松本真実『普通の農村で野菜と旅する』

16:30 終了あいさつ、夕食&交流会案内

17:50 夕食&交流会 (80分)

19:10 解散 (解散後に、運営ミーティング自由参加 〜20:10)


**発表者&発表内容 (敬称略)

■■ 1 ■■
■■■■ 【パーマカルチャー】■■■■
-topic-
共同発表&ディスカッション『パーマカルチャーとは?』

中山マサ子
もの書き百姓。国内外ファームステイ多数.農業青年たちと交流する田舎暮らし満喫中

橋本憲一郎
パーマカルチャー関西/蔵森(主に造園業)/農的に兵庫県多可町在住

森下雅子
2002年三重県志摩市へ移住。自宅(ありんこ農苑)をデザインし、パーマカルチャー
を実践中。

■■ 2 ■■
■■■■ 【食育/学校菜園】■■■■
西村和代『学校に食卓を創る教育エディブル・スクールヤード』

-profile-
一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン共同代表。
おばんざい食堂(京都)、小学校のエディブル授業、
大学での非常勤講師を兼務。

-topic-
エディブル・スクールヤードの背景、考え方、手法、特徴など
について解説し、2014年からエディブル授業を展開している、
東京都多摩市にある小学校の事例を紹介します。


■■ 3 ■■
■■■■ 【創エネ/省エネ】■■■■
大関はるか・山見拓『エネルギーの自給自足をはじめよう。』

-profile-
(有)ひのでやエコライフ研究所 山見拓(エネルギー管理士、第二種電気工事士)、
大関はるか(ワークショップデザイナー)

-topic-
2012年から「家庭菜園するみたいにべランダで太陽光発電しよう!」
というワークショップを京都で12回ほど開催してきました。
その紹介と「創エネ」と「省エネ」に関するエッセンスをお伝えします。


■■ 4 ■■
■■■■ 【大地の再生講座/コミュニティづくり】 ■■■■
李よんひ『楽西自然農園でパーマカルチャー~それは楽園~』

-profile-
京都の桂在住。楽西自然農園主宰。
トランジションタウン京都 共同世話人

-topic-
もともとは普通のサラリーマンでしたが、娘の誕生や311を契機に
自然と調和した暮らしを模索し始めました。
縁あって京都の洛西という地域で休耕地を借りて仲間と共に自然農園を始めました。


■■ 5 ■■
■■■■ 【ゾーンゼロ/自己への配慮】■■■■
永谷タイ『ヨガとは何か? パーマカルチャーの観点から』

-profile-
スタジオあわい代表。2014-15石垣デザインコース修了。トランジション西宮メンバー。

-topic-
ヒトのからだの成り立ちから心と体の関係について考察し、
特にヨガでも大事にされる呼吸の特徴を知ることで、自身とのつきあい方を見直します。
パーマカルチャーの観点から、自己への配慮としてのヨガとは何かについてお話しします。


■■ 6 ■■
■■■■ 【農耕文化/新規就農】 ■■■■
松本真実『普通の農村で野菜と旅する』

-profile-
菜園『野菜と旅する』代表です。野菜の歴史を紡いでいく農耕文化模索中

-topic-
鈴鹿山脈の麓で菜園を始めて一年、日本の典型的な農村社会で
繰り広げられる異文化コミニケーションが面白い。
農家のおっちゃん言語で、私流パーマカルチャーを伝える日は来るのか?
種採り菜園の今を語ります。


**会場**
ひと・まち交流館 京都 第4会議室
 〒600-8127
 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
 (河原町五条下る東側)
 TEL:075-354-8719  FAX:075-354-8712

アクセス・交通
【バス】
 市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車

【電車】
 京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
 地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分

【車】
 立体駐車場 最初の1時間410円、以後30分ごとに200円

 身体障害者手帳又は療育手帳等の一定の等級等に
 該当する方は無料。

 台数に限りがありますので、
 可能な限り公共交通機関でお越しください。


**参加費(事前振込制)

 前売予約+夕食 3,500円(夕食代1,000円込。13日までに要振込。ランチは、持参または実費)
 前売予約    2,500円 (ランチ・夕食をご自分でご用意ください)

 満席のため、当日受付はございません。ご了承ください。

**食事について
 
 ランチは実費負担で、各自でお取りください。館内と付近にレストラン、カフェがありますが、
 混雑をさけるためには各自でお弁当を持参されるのがおすすめです。ゴミはお持ち帰りください。
 
 夕食&交流会は、
 申込フォームから予約し、13日(木)までに事前振込済の方のみ、お弁当をご用意いたします。
 (夕食を持参された方も、交流会に参加できます。)
 野菜や自然派の調味料をメインに使った、美味しいケータリングのお弁当です。
 ベジタリアン対応をご希望の際は、その旨を予約申込と同時にお知らせください。
 食べ終わったお弁当の容器のお持ち帰りにご協力ください。
 お弁当については、当日の追加変更はできません。


 
**参加申込の流れ
(1)「こくちーず」ページでの申込
   このページからのお申込ください。これが仮予約となります。
   仮予約受付および郵便局の振込先の案内が表示されます。

(2)郵便振込(他行からも振込可能)
   お申し込みから一週間以内に、郵便局振込をお済ませください。
   振込手数料はご負担ください。
   7/14(金)〜16(日)に振込をされた方は、
   事務局で振込確認ができないため、イベント当日、送金控えをご持参ください。

(3)予約完了メール
   事務局で振込を確認できた順に予約完了の整理番号をお知らせいたします。
   当日、受付で整理番号とお名前をお伝えください。


*キャンセルポリシー
 振込後のキャンセルについては、以下のとおり返金いたします。
 返金については7/17以降に手続きを開始します。どうぞご了承下さい。

   開催1週間前まで:振込手数料等の経費を除く全額
   開催前日まで:振込手数料等の経費を除く50%
   当日、もしくは連絡なしのご欠席:返金できません


**定員
 45名(先着)
 満席です。7/13キャンセル待ちを締め切りました。

**パーマカルチャーとは?

 永続可能な(パーマネントpermanent)農(agriculture)から
できた合成語で、カルチャーには文化(culture)という意味もあります。
パーマカルチャーという語は、持続可能な農に支えられた社会文化は
永続しうるという考え方を表しています。
 1993年代に農文協より「パーマカルチャー農的暮らしの永久デザイン」が
出版された後、日本からオーストラリアにパーマカルチャー・デザイン・
コースを受講に出かけたり、海外より講師を招いて日本でも同様なコースが
実施されてきました。その後神奈川県藤野にNPO法人パーマカルチャー・
センター・ジャパンが設立され、日本でもパーマカルチャーを学ぶことが
できるようになりました。


**パーマカルチャー学びのつどいとは?
2014年〜2015年に京都市内でパーマカルチャーの取り組みを発表し合う
小さな学びの場が3回持たれました。
2016年7月、この取り組みの発展形として、
「パーマカルチャー学びの集い in Kyoto」が生まれました。
今年が2回目の開催となります。
パーマカルチャーデザインの理論、事例、取り組みの報告、
関連分野の取り組み報告を通して、パーマカルチャーに関わる人々の
相互の活動交流と発展を目指しています。


**問合せ
 pcmanabi.kansai@gmail.com


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年07月17日(11:00-20:10)
開催場所ひと・まち交流館 京都 第4会議室
(京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)
参加費2,500円(税込)
定員45人(先着順)
申し込み開始2017年06月01日 08時00分から
申し込み終了2017年07月17日 23時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年07月17日

パーマカルチャー学びのつどい in Kyoto vol.2

京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1

http://kokucheese.com/event/index/471079/

※7/13キャンセル待ちを締め切りました。  たくさんのお申し込みを有り難うございました。 「日本にもっとパーマカルチャーを学べる場を!」 関西を拠点とした、パーマカルチャーの学びと交流の場へようこそ...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク