1999年に東京・原宿で生まれ、今年19年目を迎えた米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA、代表:別所哲也氏)。

赤十字国際委員会(ICRC)は、2015年の戦後70年を機に、SSFF & ASIA内に「戦争と生きる力」プログラム を立ち上げました。

3 年目の今年は、コメディーやアニメーション、ドキュメンタリーなど、エンターテインメント性に富んだラインナップで、時勢を反映した移民や難民問題、銃社会などに斬り込んでいます。

本イベントでは、6月に東京都内と横浜市内で上映されている「戦争と生きる力」プログラム2から6作品をご覧いただいた後、トークゲストをお招きして、作品に登場するさまざまな境遇の人たちの人生や想いをひもときます。身近な人を思いやり、助け合うことの大切さ、そして平和であることのありがたみを、改めて皆さんと一緒に考える機会にしたいと思います。

お迎えするのは、今注目のフォトジャーナリスト・安田菜津紀さんと、ICRCが監修したジャーナルコミック「14歳の兵士 ザザ」の原作者・大石賢一さんです。

奮ってご参加ください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年06月19日(18:30~20:30)
開催場所公益社団法人 日本看護協会ビル地下2階 JNAホール
(東京都渋谷区神宮前5-8-2)
参加費無料
定員100人(先着順)
申し込み開始2017年06月01日 09時00分から
申し込み終了2017年06月18日 21時00分まで
主催

イベント概要

2017年06月19日

短編映画上映&公開シンポジウム

東京都渋谷区神宮前5-8-2

http://kokucheese.com/event/index/473664/

1999年に東京・原宿で生まれ、今年19年目を迎えた米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA、代表:別所哲也氏)。 赤十字国際委員...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク