7月4日(火)14:00~

宝塚大学東京メディア芸術学部にて

高等学校教員を対象とした

『高大接続共創フォーラム』開催!

現在、新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革「高大接続改革」が進められています。

平成29年5月16日付の文部科学省報道発表によると、「高大接続改革」の進捗状況と全容について少しずつ明らかになりつつあるところです。

本フォーラムでは、入試改革だけでなく、本来あるべき理想の高大接続について、「10年後も食えるクリエイター育成」の視点から、高校と大学は今後連携をいかに深めていけばよいのか。

次世代のクリエイター教育に積極的に取り組む本学の報告もまじえ、高校と大学が共に創る「高大共創」について話し合う場となれば幸いです。

<高大接続共創フォーラム 概要>

・日時:2017年7月4日(火)14:00~17:00(13:30受付開始)

・場所:宝塚大学 東京メディア芸術学部 東京新宿キャンパス

    〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

・タイムスケジュール:


 14:00~ 挨拶

 14:05~ 基調講演

 15:05~ 休憩

 15:15~ 宝塚大学の学びと今後の業界トレンド

 15:45~ 宝塚大学新AO入試制度について

 16:05~ キャンパスツアー、各領域個別相談ブース、在学生とのトークコーナー

 17:00  終了予定

<基調講演>

次世代クリエイター育成に向けた教育改革・新しい進路選択~10年後も食えるクリエイターとは~

・講師

倉部 史記(くらべ しき)NPO法人NEWVERY 理事・WCVディレクター

企業広報のプロデュースを手がけた後、私立大学専任職員、予備校の総合研究所主任研究員および大学連携プロデューサー、フリーランス、NEWVERYの外部フェローを経て現職。「進路選択」ではなく「進路づくり」という視点で、様々な団体やメディアと連携しながら企画・情報発信を行っている。文部科学省「大学教育再生加速プログラム(入試改革・高大接続)」のペーパーレフェリー、三重県立看護大学・高大接続事業外部監査委員など、文教政策にも関わる。兼任として、追手門学院大学アサーティブ研究センター客員研究員、主体的学び研究所フェローを務めるなど、文教政策にも関わっている。全国の高校や進路指導協議会からお声掛けいただき、研修講師を務める。

・主な著書

看板学部と看板倒れ学部 大学教育は玉石混合(中公新書クラレ)

文学部がなくなる日 誰も書かなかった大学の「いま」(主婦の友新書)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年07月04日
開催場所宝塚大学 東京メディア芸術学部 新宿キャンパス
(東京都新宿区西新宿7丁目11番1号)
参加費無料
定員制限はありません
申し込み開始2017年06月21日 12時00分から
申し込み終了2017年07月03日 23時59分まで
主催

イベント概要

2017年07月04日

高大接続共創フォーラム開催!(宝塚大学東京メディア芸術学部)

東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

http://kokucheese.com/event/index/475388/

7月4日(火)14:00~宝塚大学東京メディア芸術学部にて 高等学校教員を対象とした 『高大接続共創フォーラム』開催! 現在、新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク