イラクやシリアのISIS主要拠点の陥落は時間の問題と言われています(2017.7.1現在)。しかし、テロ対策専門家の意見は私も含め、日本政府、日系企業および日本人に対してのテロ対策に今までよりさらに一層注意を払うべきだというものです。なぜなら、テロの形態がここ1年ほどの間に劇的に変わってしまったからです。

 つまり、欧米で起こるテロの多くがローンウルフ(一匹狼)の起こすものに変化しているのです。また、その大部分はホームグローンテロリストでもあります。彼らはプロのテロリストではありません。ですから、テロの成功率が高い訳ではありません。失敗も多く、未遂で逮捕あるいは射殺された事例もあります。しかし、組織的な犯行でないため、当局が事前に彼らの犯行を察知することはほぼ不可能です。

 では、どうしたら良いの?というあなたの声に答えるのが今回の講演会の目的です。海外で特に注意すべきこと、日本で注意すべきことについて具体的にお話します。もちろん、日本でのテロ発生を前提にしてのお話です。

演題      拠点を失ったISISによるテロの行方は?
講師      セキュリティ・アドバイザー  白井敬二
日時      2017年7月23日(日)午後2時00分〜4時00分
開催場所    名古屋市東生涯学習センター 第3集会室
        名古屋市東区葵一丁目3-21 地下鉄「新栄町」徒歩4分
費用      500円(資料代等)
定員      10名


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年07月23日(午後2時〜4時)
開催場所名古屋市東生涯学習センター 第3集会室
(愛知県名古屋市東区葵一丁目3-21)
参加費500円(税込)
定員15人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年07月23日

拠点を失ったISISによるテロの行方は?

愛知県名古屋市東区葵一丁目3-21

http://kokucheese.com/event/index/476927/

 イラクやシリアのISIS主要拠点の陥落は時間の問題と言われています(2017.7.1現在)。しかし、テロ対策専門家の意見は私も含め、日本政府、日系企業および日本人に対してのテロ対策に今までよりさらに...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク