〇キャリア・シフトチェンジ(CSC)のためのワークショップとは〇
40代半ば以降のビジネスパーソンを対象に、シニア世代になっても活き活き働き続けるために必要な能力(プラットフォーム能力)を学ぶための研修です。
「診断票による自己診断」「グループワーク」「講義による解説」で構成され、標準6時間で行います。

〇CSCのためのインストラクター養成研修とは〇
当研修は、この「キャリア・シフトチェンジ(CSC)のためのワークショップ」を実施する講師を養成のする2日間の研修です。

〇実施内容〇
まずは、ご自身で実際のワークショップを体験いただきます。続いて、受講者の特性を踏まえたワークショップ実施のポイントや注意点、教材の使い方など、社内講師として必要な知識を学びます。

〇カリキュラム〇
1日目AM
ワークショップの体験
個人ワークとグループワークによる事例検討
プラットフォーム能力の解説など

1日目PM
ワークショップの体験
2種類の診断票を使ったプラットフォーム能力の自己診断
行動計画の策定
自己開示とフィードバック など

2日目AM
ワークショップを行うための実施上の解説
研修の目的、位置づけやプラットフォーム能力指標化の背景説明
教材購入と利用の仕方(カスタマイズ)の説明
活き活き働くシニアのイメージ共有 など

2日目PM
研修をより深く理解していただくためのワーク
用語説明の仕方
事例検討における解答例に対する ロールプレイ
研修全般に関してのシミュレーション
社内展開検討 など

〇受講対象者〇
次のいずれかに該当する方におすすめします。

企業等において、人事・人材開発関連の業務に従事し、研修講師としての基本的な知識及びスキルを有している方
教育訓練機関において、人材開発分野の研修講師として3年以上の経験を有している方
コンサルティング事務所(個人事業主を含む)において、人材開発分野の研修講師として3年以上の経験を有している方
上記と同等の業務経験を有していると認められる方
※企業において研修を担当する人事、総務部の方の受講も可能です。

ただし、人前での話し方等、一般的なインストラクション技法に関するカリキュラムは設定しておりませんので、インストラクション技法について詳しくお知りになりたい方は、別途学習してください。(本研修の後でも構いません)




スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年01月25日
1月26日
開催場所飯田橋レインボービル Cルーム
(東京都新宿区市谷船河原町11番地)
参加費50,000円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み終了2018年01月15日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年01月25日

【第4回】CSCのためのインストラクター養成研修【東京】

東京都新宿区市谷船河原町11番地

http://kokucheese.com/event/index/478397/

〇キャリア・シフトチェンジ(CSC)のためのワークショップとは〇 40代半ば以降のビジネスパーソンを対象に、シニア世代になっても活き活き働き続けるために必要な能力(プラットフォーム能力)を学ぶための研...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク