アカデミック・コーチング学会 2017年 第2回サロン
「コーチングを探求するツールを増やす:談話分析の視点から考えよう」

人と人との相互行為としてのコーチングを分析する上で、有効な手法の一つとなる可能性として「インターアクションの社会言語学(interactional sociolinguistics)」による談話分析(discourse analysis)を紹介します。そしてコーチングで起きている相互行為を社会言語学的に“通訳”(説明)してみるとどうなるか、参加者とともに考えていきます。

プレゼンター:饒平名尚子(フェリス女学院大学 教授/アカデミック・コーチング学会 理事)
会場:フェリス女学院大学 緑園キャンパス CLA棟3階2303教室
  (相鉄いずみ野線「緑園都市駅」下車・徒歩3分 )
日時:2017年8月26日(土)15時~17時
参加費:無料


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年08月26日(15:00-17:00)
開催場所フェリス女学院大学 緑園キャンパス
(神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3)
参加費無料
定員制限はありません

イベント概要

2017年08月26日

アカデミック・コーチング学会 2017年 第2回サロン

神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3

http://kokucheese.com/event/index/478638/

アカデミック・コーチング学会 2017年 第2回サロン 「コーチングを探求するツールを増やす:談話分析の視点から考えよう」 人と人との相互行為としてのコーチングを分析する上で、有効な手法の一つとなる可...

お申込みはこちら

スポンサード リンク