経済産業省が「社会人基礎力」を掲げ、アクション・シンキング・チームワークを3つの能力(12の能力要素)を定義しています。その中の1つ、職場や地域社会で、多様な人と関わっていく能力(チームで働く力)に、ストレスコントロール力が含まれており、ストレスをコントロールする力を早くから身につけることが提唱されています。

未来を生き抜く力を身につけることの重要性を感じ、 エンプロイアビリティ(employability 個人の雇用され得る能力)を高めたいと考えています。

「主権者教育は、選挙や政治の知識だけではなく、社会を生き抜く力、課題解決能力を身につけることが重要です。まずは若者一人一人が政治に関心を持ち、情報を整理した上で自分の考えをまとめ、意見を持ち、他者と議論を行う。『答えのない課題』に対して向き合うことで、意思決定プロセスに参加することを学んでいく教育です」。

ゲームを通じて一人ひとりの意見を聞く中で、「人と違っていいんだ」ということを知り、これからの社会の中で生きていくにあたって、多様性の受容を体感するキッカケになるでしょう。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年11月19日(開催日は日曜日です。)
開催場所江南市民体育会館
(愛知県江南市高屋町清水117番地)
参加費無料
定員45人(先着順)
申し込み開始2017年10月06日 00時01分から
申し込み終了2017年11月11日 23時59分まで
主催

イベント概要

2017年11月19日

磨け!社会人基礎力

愛知県江南市高屋町清水117番地

http://kokucheese.com/event/index/480272/

経済産業省が「社会人基礎力」を掲げ、アクション・シンキング・チームワークを3つの能力(12の能力要素)を定義しています。その中の1つ、職場や地域社会で、多様な人と関わっていく能力(チームで働く力)に、...

お申込みはこちら

スポンサード リンク