「ほめて伸ばすって、どうすればいいの?叱らなくてもいいの?」
「今までやってきた教育観では通用しなくなってきている」
「主体的・対話的で深い学びについて、イメージがわかない」
「反抗期の子ども達との関わり方に悩んでいる」
「対話のある授業をしているとトラブルが起きてしまう」
「ほめ言葉のシャワーをやってみたけれど、うまくいかない・・・」
「特別な支援を要する子どもをクラスの中で伸ばしていくにはどうしたらいいの?」
「コミュニケーション力はどうすれば高まるの?」

このような悩みを持つ先生方が多いのではないでしょうか。

菊池省三先生が、鳥取に再び来られます。今回は、「コミュニケーション・言葉・つなぐ」の3つをキーワードに、学びます!
最新の教育事情,これからの時代に求められる教育観,コミュニケーションとは…。多くの示唆をいただけること間違いなしです。
小学校だけでなく、幼稚園・保育園、中学・高校…、家庭教育や企業での社員教育にも通じる、考え方が満載です。

今年度の折り返し地点で、ご自身の実践を見直す機会になればと願っています。
また、教員ではない方も、「コミュニケーション」について考える機会になればと願っています。

共に、学びましょう!!


<当日の予定>
10:00~11:00 菊池先生のご講演
11:05~11:25 実践報告1 小川夕起子先生(鳥取)
11:30~11:50 実践報告2 佐々木弘二先生(島根)
11:50~12:00 リフレクション
ーー休憩ーー
13:00~14:15 公開ストップモーション菊池先生の授業のビデオを見てストップをかけながら、
         みなさんの質問にお答えいただきます)
14:15〜14:30 休憩
14:30~15:00 菊池先生による模擬授業
15:10~16:10 菊池先生によるご講演
16:10~16:25 リフレクション
16:25~16:30 閉会挨拶



後援
鳥取県教育委員会
島根県教育委員会
鳥取市教育委員会
倉吉市教育委員会
境港市教育委員会
日野町教育委員会
若桜町教育委員会
松江市教育委員会
出雲市教育委員会




☆閉会後市内で懇親会を予定しています。
☆翌日午前中、少人数で菊池先生を交えて学び合いの会を予定しています。
詳しくは事務局にお問い合わせください。




≪菊池省三先生プロフィール≫ (菊池道場サイト:http://www.k-dojyo.netより)
愛媛県出身。山口大学教育学部卒業。
小学校教師として「ほめ言葉のシャワー」「成長ノート」「白い黒板」など現代の学校現場に即した独自の実践によりコミュニケーション力あふれる教育をめざしてきた。

文部科学省「『熟議』に基づく教育政策形成の在り方に関する懇談会」委員。
平成15年度 北九州市すぐれた教育実践教員表彰。
平成16年度 福岡県市民教育賞受賞。
平成28年度 高知県いの町教育特使。
       大分県中津市教育スーパーアドバイザー。
       三重県松阪市学級経営マイスター。

2012年7月16日NHK人気番組【プロフェッショナル 仕事の流儀】で取り上げられたことをきっかけに全国へ講演。テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ」、日本テレビ「NEWS ZERO」「世界一受けたい授業」などにも出演し大きな反響を得ている。

2015年3月、小学校教師を退職。
33年間の教職人生の中で培った教育実践をより広くより積極的に伝えながら、21世紀の教育をめざし執筆、講演活動中。年間講演回数は約200ヶ所を数える。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年09月23日(土曜日 10:00~16:30 (9:30受付開始))
開催場所鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)講義室
(鳥取県鳥取市扇町21番地)
参加費2,500円(税込)
定員70人(先着順)
申し込み開始2017年08月01日 00時00分から
申し込み終了2017年09月23日 09時00分まで
懇親会 17:30~20:00
懇親会場所炉端かば 鳥取駅前店
懇親会費4,000円予定(税込)
懇親会定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年09月23日

菊池省三先生セミナーin山陰(鳥取・島根)

鳥取県鳥取市扇町21番地

http://kokucheese.com/event/index/481064/

「ほめて伸ばすって、どうすればいいの?叱らなくてもいいの?」 「今までやってきた教育観では通用しなくなってきている」 「主体的・対話的で深い学びについて、イメージがわかない」 「反抗期の子ども達との関...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク