◆奈良学園公開文化講座 第15回 《ブラックホールとは何か、どこにあるか》
・平成29年10月21日(土)14:00~16:00
・講師:加藤正二 奈良学園大学名誉教授・京都大学名誉教授

・内容
 ブラックホールが想像上の概念として生まれてから、それが現実に存在するのではないかと考えられるようになってゆく経緯を物理学、天文学の発展とともに見てゆく。現在では、ブラックホールは星として、また、われわれの銀河やアンドロメダ銀河など銀河の中心核を形成する巨大な天体として存在することが知られている。光までも吸い込んでしまうというブラックホールがなぜ観測されるのか。ブラックホールの存在を示す観測事実を紹介する。最後に、アインシュタインの一般相対論以降、100年に渡って、その存在が予言されていた重力波がごく最近ようやく観測されて、それがブラックホール存在も直接的に示す観測事実となったことも紹介する。余談で、あくまで理論上の話だが、ブラックホールからのエネルギー引き出しは究極の”エコ”であることを紹介する。


・参加費 :350円(入館料込,学校法人奈良学園設置校の在籍者本人及び教職員は無料です)
・開催場所:奈良学園セミナーハウス志賀直哉旧居(奈良市高畑町1237-2 TEL 0742-26-6490)

-------------------------------------------------------------------------
◇志賀直哉旧居(奈良学園セミナーハウス)
 http://www.naragakuen.jp/sgnoy/
 https://www.facebook.com/ShigaNaoya.Nara/

 ガラス張りの天窓があるサンルームと食堂。
 この部屋に武者小路実篤、小林秀雄、滝井孝作など多くの文人・画家が集い、
 芸術を語り人生を論じていました。

 作家志賀直哉が昭和4年から9年間をすごした旧居での、
 この集いが人間的な交際の場や文化活動の核となり、
 「高畑サロン」と呼ばれるようになったのでした。

 このサロンがあった場所で、奈良学園大学の教員による文化講座を行います。
 静かな時間の流れの中で、創造的な時間をお楽しみください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年10月21日(14:00~16:00(13:30受付開始))
開催場所志賀直哉旧居(奈良学園セミナーハウス)
(奈良県奈良市高畑町1237-2)
参加費350円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み開始2017年08月08日 09時00分から
申し込み終了2017年10月16日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年10月21日

奈良学園公開文化講座第15回《ブラックホールとは何か》

奈良県奈良市高畑町1237-2

http://kokucheese.com/event/index/482001/

◆奈良学園公開文化講座 第15回 《ブラックホールとは何か、どこにあるか》 ・平成29年10月21日(土)14:00~16:00 ・講師:加藤正二 奈良学園大学名誉教授・京都大学名誉教授 ・内容  ブ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク