現在、あらゆる業界においてITを用いた抜本的な合理化が進行しています。
ITを得意とするはずのシステム開発業界も例外ではありません。実装技術の発展のおかげで、業務システム(基幹業務管理システム)については「設計すれば完成する」ための技術が現れています。これが普及すれば、「実装専任要員」では食えなくなります。

ソフトウエア技術者はこういった技術が普及した未来を見据えて、自らを変えていかねばなりません。なぜなら、実装まわりのこまごましたことはコンピュータが肩代わりするゆえに、稼げる仕事は「システム仕様を構想すること」にしぼられてゆくからです。

今回、データモデリングをはじめ、システム開発全般のエキスパートであり、大手Sierの
システムエンジニアにファンが多い渡辺幸三氏を招いて、システム設計の基礎を学びます。
設計や上流工程のスキルを身に付けたい方、これからSEを目指す方、この機会をお見逃しなく。

★なぜ、モデリング?★
データモデリングはデータベース設計の手法のみならず、企業システムの要求をとらえるための手法です。
企業システムを捉えるのに、そこで取り扱われているデータに着目して、データの関係を明らかにすることから始めるDOA(データ中心設計)と呼ばれる考え方です。
DOAは企業内のデータを重複なく配置しようということで、システムでデータに着目して分析を始めるということが業務SEとなるための一手法であり多くの業務SEが考えていることです。
それによりモデリング特にデータモデリングを業務SEとなる重要な能力として位置づけて、研修の対象としました。

《講師ご紹介》
渡辺幸三(わたなべこうぞう)新潟市出身
業務システムを専門とするプログラマ。システム設計手法である「三要素分析法」の提唱者。
設計ツール「X-TEA Modeler」、実装ツール「X-TEA Driver」の開発者。DBC代表。本と音楽を愛する。
「業務別データベース設計のためのデータモデリング入門」、「生産管理・原価管理システムのためのデータモデリング」、
「業務システムのための上流工程入門」(日本実業出版社)、「業務システムモデリング練習帳」(日経BP社)
「販売管理システムで学ぶモデリング講座」(翔泳社)他。


** 新潟のSEを育てる会 とは **
新潟の企業を元気にするためには、情報システム部門や新潟のIT企業が活性化しなければなりません。そのためには、IT技術者が成長し、経営活動にITを提案できるようになる。下流工程ではなく上流工程ができるSEを新潟で育成していく。
このような想いをもった個人有志で新潟のSEを育てる会を構成しています。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年10月28日(受付開始13:00)
13:30~17:00
開催場所新潟国際情報大学新潟中央キャンパス
(新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1169番)
参加費無料
定員50人(先着順)
申し込み開始2017年08月29日 00時00分から
申し込み終了2017年10月26日 23時59分まで
懇親会場所会場近隣を予定
懇親会費3,000円程度(税込)
懇親会定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2017年10月28日

業務SEスキルアップセミナー in 新潟

新潟県新潟市中央区上大川前通7番町1169番

http://kokucheese.com/event/index/484302/

現在、あらゆる業界においてITを用いた抜本的な合理化が進行しています。 ITを得意とするはずのシステム開発業界も例外ではありません。実装技術の発展のおかげで、業務システム(基幹業務管理システム)につい...

お申込みはこちら

スポンサード リンク