\ 第2回musubi シネマ は「プラネタリー」です /

ココロとカラダにやさしいことを提案するmusubi-cafe。
今回は映画「プラネタリー」を観て、私たちの人生について考えてみませんか?
お子さんたちも一緒に観ていただけます。是非ご参加ください!
※上映の途中でお子さんたちの声がすることもありますので、ご了承ください。


<製作者からのメッセージ>
私たちは地球「上」に生きているのではありません。私たち自身が地球なのです。46億年の深い眠りを終え、ガイアは今、私たちを通して目覚めようとしています。プラネタリーは現代という未曾有の時代をいかに生きるかを私たちに問いかけます。この映画を通して、私たちを支える生命の織り物の存在に気づき、人間として生きることは惑星として生きることであるというメッセージがみなさんに届く事を願っています。
ショーン・ケリー

私たちが生きているこの時代は、多くの人びとのなかに地球人としての意識が目覚めつつある時代です。この目覚めのきっかけは40年以上前、テクノロジーの進化によりもたらされました。
そして今、地球規模のさまざまな困難や危機が、より多くの人びとの目覚めを必要としています。地球温暖化・環境汚染・放射能汚染・森林伐採・海洋資源の枯渇…といった問題はもはや一国の問題ではありません。どの国なら安全で、どの国は危険というようなことはないのです。
こうした危機的状況は時として人びとの不安を煽り分断をうみ出します。世界中のさまざまなニュースがそれを裏付けています。私たちが生きるのはまさにこうした時代なのです。

この危機が私たちをバラバラにするのではなく、この危機によって私たちが互いに理解し助け合える関係を築いてゆけるように願って上映会と対話会を計画しました。

<プログラム>
(1)あいさつ・趣旨説明
(2)本編上映(1時間20分)
 Space (宇宙)
 Earth (地球)
 Gaia (ガイア)
 Mass Extinction(大量絶滅)
 Disconnection (分離)
 Great Turning (大転換)
 Seeing (見る事)
 The Great Circulation(大いなる循環)
 Meditation (瞑想)
 Indigenous (土着の民)
 Planetary Civilization (惑星文明)
 Epilogue (エピローグ)

(3)対話会

<参加費>
1550円+映画への寄附
・晩ごはん付きです
・映画の鑑賞料は無料です。ただし、会場で
 この映画の日本語版の製作と 普及のための
 寄附をお願いしております。


☆昼の部も開催します。↓詳しくは
https://www.facebook.com/events/488358941514146/

< 場所 >
musubi-cafe 嵐山
京都市西京区嵐山西一川町1-8
http://musubi-cafe.jp/

< 定員 >
20人

< お申し込み >
http://airrsv.net/musubi/calendar

< お問い合わせ >
musubi-cafe
担当 ひらばやし・たかさか
075-862-4195
info@musubi-cafe.jp

<主催者>
NPO法人セブン・ジェネレーションズ前代表理事 塚田康盛
musubi-CINEMA


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年09月20日(18:00-20:30)
開催場所musubi-cafe 嵐山
(京都府京都市西京区嵐山西一川町1-8)
参加費1,550円(税込)
定員20人(先着順)

イベント概要

2017年09月20日

【夜の部】映画「プラネタリー」上映・対話会

京都府京都市西京区嵐山西一川町1-8

http://kokucheese.com/event/index/484607/

\ 第2回musubi シネマ は「プラネタリー」です / ココロとカラダにやさしいことを提案するmusubi-cafe。 今回は映画「プラネタリー」を観て、私たちの人生について考えてみませんか? お...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク