マインドフルネスについて学んでみませんか?自分のこころと向き合い、受け入れて共感するプログラム内容です。自分に自信のない方、人との関係に悩んでいる方、元気がない方などにおすすめです。コースは少人数制で行われ、フィールドクリエイターがサポートします。コース終了後は、セラピストを目指すアクティブコースを受講することができます。アクティブコース修了後はフィールドクリエイターとしての認定も可能です。

 マインドフルネスとは仏教からはじまった瞑想法(ヴィパッサナー瞑想)に由来しています。この方法や態度、考え方が欧米の様々な心理療法のなかに取り入れられ専門的な探究がされています。アメリカではマインドフルネスはストレス低減としてジョン・カバットジン(Jon Kabat -Zinn)によって開発されたストレス対処法として知られています。マサチューセッツ大学医学部のクリニックにおいて1979年以降に治療法としてマインドフルネスは実施されました。1980年頃からはニューヨークのロン・クルツ博士によってマインドフルネスをメソッドにした心理療法であるハコミセラピーが確立され、アメリカではマインドフルネスはハコミセラピーとしても多くの方に受け入れられています。ハコミとは「おのれは何ものか」につながる意味を持ち、自分自身を知ることの意味を説いています。

 自分探しのプロセスというものが生きるうえでとても大切なことを、ハコミは教えてくれるのです。ハコミは世界的に理解されていますが、私達マイセラ・ジャパンの前身はこのハコミ・セラピーにあり、前理事長の手塚郁恵はハコミの創設者であるロン・クルツ氏著の「ハコミセラピー タオイズムと心理療法」「ハコミ・メソッド」「ハコミを学ぶ」の三部作を翻訳いたしました。これらの3冊は今では絶版となっておりますが、ハコミを知るうえで重要な役割をしています。

 ハコミをベースとした独自のマインドフルネス・セラピーは2000年頃から、前理事長の手塚郁恵を中心に現在の中央林間の事務所(ぽこぽこ)にて行ってきました。会誌「ムイシキと語り、ムイシキとワークする クジラのしっぽ」は2009年からはじまり、今のマイセラのセラピーワークの原点でもあります。2010年には「いのちのサポーター・トレーニングコース」を始め、ワークショップとコーススタディを開催してきました。

 ハコミセラピー時代からを含めると、のべ3000人を越すセラピーの実績がある今、マイセラで行うマインドフルネスセラピーは自分の感覚を信頼する方向にサポートをしていきます。マインドフルネスは身体の感覚を手がかりに無意識とつながる画期的なメソッドなのです。私たちはひとつの尊い、かけがえのない“いのち”として生まれ、自分の”いのち”への慈しみと尊重を求めています。この願いを人から満たされて、初めて私たちは本来の自分の”いのち”を生きることが出来るのです。”いのち”とは人間のもっとも価値ある部分であり、ひとり一人の生命の奥深くに働いている根源的なパワーのことを指します。

 この”いのち”とつながっていくマインドフルネスを行うことがマイセラのセラピーなのです。私達は、単なる頭の思い煩いによって自分を否定し苦しめてしまうのですが、感覚に目覚めることで様々なとらわれから解放されるとともに、感覚を知性と統合していく営みが必要なのです。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年10月21日(10時20分から4時まで)
毎月第3土曜日、日曜日 半年コース
開催場所神奈川県大和市中央林間
(神奈川県大和市中央林間1-19-21)
参加費136,000円(税込)
定員8人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年10月21日

マインドフルネス・セラピーコースの学び

神奈川県大和市中央林間1-19-21

http://kokucheese.com/event/index/486019/

 マインドフルネスについて学んでみませんか?自分のこころと向き合い、受け入れて共感するプログラム内容です。自分に自信のない方、人との関係に悩んでいる方、元気がない方などにおすすめです。コースは少人数制...

お申込みはこちら

スポンサード リンク