2017年10月22日(日)開催 組踊ワークショップin名古屋能楽堂

ユネスコ無形文化遺産に登録、国の重要無形文化財にも指定されている
琉球伝統芸能「組踊(くみおどり)」
歌舞伎や能と並んで、日本を代表する伝統芸能の一つです。

この組踊をより多くの方に知ってもらうため、どなたでも気軽にご参加いただける体験型ワークショップを開催いたします。
一昨年から各地で実施している本ワークショップ、今回は人間国宝である西江喜春先生をはじめ、組踊舞台で活躍する若手の演者を含め、皆様に組踊の見どころ・聞きどころを含め解説しその魅力を知っていただきます。
また映像を使った解説や所作の披露、簡単な体験ワークショップなども実施いたします。

沖縄県外はもとより、沖縄県内でもなかなかできない貴重な体験です。
伝統芸能や琉球文化、舞踊等にご興味のある方に限らず、どなたでもお気軽にご参加ください。

<組踊とは?>
約300年前、当時沖縄は琉球王国という独立した国家でした。
その当時、中国からやって来る冊封使(国王の使者)をもてなすために設置した
「踊奉行」の職にあった玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が考案し絶賛され、
戦争など幾多の困難を乗り越え、永く受けつがれてきました。
その基本は、台詞(唱え)、音楽、踊り(所作)によって構成される演劇です。

<講師>
地謡/西江 喜春(にしえ きしゅん) 
琉球古典音楽安富祖流絃聲会師範
国指定重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者[各個認定(人間国宝)]
国指定重要無形文化財「組踊」(総合認定)保持者
国指定重要無形文化財「琉球舞踊」(総合認定)保持者
沖縄県指定無形文化財「沖縄伝統音楽安冨祖流」保持者
案内役/嘉数 道彦(かかず みちひこ)
国立劇場おきなわ芸術監督兼企画制作課長、宮城流能里乃会師範
立方/新垣 悟(あらかき さとる) 
宮城本流鳳乃會教師
地謡/玉城 和樹(たましろ かずき)
琉球古典音楽安富祖流絃聲会師範


<スケジュール>
13:30 受付開始
14:00~16:00 ワークショップ(組踊の解説・所作体験・映像鑑賞など)
※当日は能舞台ではなく会議室を利用した体験型ワークショップとなります。 実際の組踊の上演はございませんので予めご了承ください。


<参加費>
無料

<ご用意いただくもの>
動きやすい服装で参加ください。

<参加条件>
今後の組踊の普及やプロモーション、及び実施内容の記録のため、写真撮影とアンケート(A4用紙1枚)を当日お願いしております。
ご参加者の皆様のご協力をお願いいたします。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年10月22日(14:00-16:00(13:30受付開始))
開催場所名古屋能楽堂 会議室
(名古屋市中区三の丸一丁目1番1号)
参加費無料
定員60人(先着順)
申し込み開始2017年09月13日 00時00分から
申し込み終了2017年10月19日 08時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年10月22日

沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップin名古屋能楽堂

名古屋市中区三の丸一丁目1番1号

http://kokucheese.com/event/index/486091/

2017年10月22日(日)開催 組踊ワークショップin名古屋能楽堂 ユネスコ無形文化遺産に登録、国の重要無形文化財にも指定されている 琉球伝統芸能「組踊(くみおどり)」 歌舞伎や能と並んで、日本を...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク