予算が限られる中で国民に信頼される行政を展開するため、客観的な根拠に基づく政策形成(EBPM、Evidence Based Policy Making)が注目されています。EBPMの推進には、政策の前提となる事実と課題を把握したうえで、具体的政策の効果とその費用の関係を客観的な根拠(エビデンス)を用いて明示する必要があります。
本セミナーでは、政府におけるEBPM推進に関する動向について内閣官房の宮部勝弘氏に、EBPMに不可欠なICTの活用について国内外の事例を中心にNTTデータ経営研究所の上瀬剛氏に講演いただきます。どうぞ、皆様ご参加ください。

日時:9月28日木曜日18時30分から20時30分
場所:エムワイ貸会議室四谷三丁目 会議室B
東京メトロ四谷三丁目駅前、スーパー丸正6階
司会:山田 肇(ICPF理事長)
講師:
宮部勝弘(内閣官房行政改革推進本部事務局企画官)
上瀬 剛(NTTデータ経営研究所パートナー)
定員:40名
参加費:2000円(ICPF会員は無料)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年09月28日(18時30分~20時30分)
開催場所エムワイ貸会議室四谷三丁目 会議室B
(〒160-0004 新宿区四谷3-12丸正総本店ビル6階(スーパー丸正6階))
参加費2,000円(税込)
定員45人(先着順)
申し込み開始2017年09月07日 00時00分から
申し込み終了2017年09月28日 18時00分まで
主催

イベント概要

2017年09月28日

セミナー「客観的な根拠に基づく政策形成」

〒160-0004 新宿区四谷3-12丸正総本店ビル6階(スーパー丸正6階)

http://kokucheese.com/event/index/486431/

予算が限られる中で国民に信頼される行政を展開するため、客観的な根拠に基づく政策形成(EBPM、Evidence Based Policy Making)が注目されています。EBPMの推進には、政策の前...

お申込みはこちら

スポンサード リンク