◆テーマ
中高齢者の在宅医療と在宅介護に備えた住まいの選択

国が進めている在宅医療・在宅介護の流れの中で、現在の住まいが在宅医療と在宅介護に備えた住まいであるかを確認することは中高齢者にとって大切です。本セミナーは、高齢の親と暮らす講師が在宅医療・在宅介護、親の運転免許返上を考えた末に実行した「住みかえ」による住まいの選択について、実行プロセスやライフプランの見直し等の考慮すべきポイントを具体的に解説。また、住まいの選択をする上での「医療介護勘定」の概念説明をします。

◆講師
三石 康雄 AFP / 終活人 代表

◆講師プロフィール
宅地建物取引士、家族信託コーディネーターなど。外資系保険会社等を経て、不動産調査業を開業後に更年期障害で働くことが困難な時期を経験。社会復帰後、市民向け講座の講師をきっかに「終活人」を立ち上げ、セミナーでの講師活動を通じて中高齢者の終活と住宅の関係、終活と相続の関係、終活とペットの関係など終活についての研究活動に取り組んでいる。

◆参加費
500円(税込)

◆特典
ドリンク・焼き菓子付き
個別相談割引クーポン付き


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年11月26日(10時30分~12時00分)
開催場所NPO法人日本FP協会 本部事務所
(東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F)
参加費500円(税込)
定員30人(先着順)
申し込み開始2017年09月01日 10時00分から
申し込み終了2017年11月17日 20時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2017年11月26日

FP協会◆中高齢者の在宅医療と在宅介護に備えた住まいの選択

東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F

http://kokucheese.com/event/index/486643/

◆テーマ 中高齢者の在宅医療と在宅介護に備えた住まいの選択 国が進めている在宅医療・在宅介護の流れの中で、現在の住まいが在宅医療と在宅介護に備えた住まいであるかを確認することは中高齢者にとって大切です...

お申込みはこちら

スポンサード リンク