「コミュニケーション」という言葉を見て
なんだろ?と思った人も多いともいます。

この講座の目的は
「正しく伝わる文章を書くための力」を
身につけるです。

どういったことかといいますと
現在のインターネット全盛の時代では
会話よりもメールなどの「書き言葉」で
コミニケーションを取ることが多いと思います。

メールを送ったら、
相手から思ったのと違う答えが来た。
おいしいものを食べたので、
感想を書こうと思ったけど
うまくいかない。
オークションで不用品の処理をしようと思ったけど
商品説明がうまくかけない
日記を書こうと思うけれど
「おもしろかった」つまんなかった」という
ことしか書けない

僕の体験ですが

こう暑いと行く気がなくって・・・。と書いたところ
相手から
行く気がない」っていうと嫌そうに感じるので、
こういうときは「行く気が起こらない」
と表現したほうがいいですよ

というご指摘を受けました

このように
気がつかずに、自分の意図とは違う
「文脈」で相手に届いていることがあるかもしれません。

これでは「正しく伝わる」
ということにはまりませんね。

そこで
この講座では
「名文」を書くのではなく
「正しく伝わる文章」
「理解してもらうための文章」を
書くことを狙いとしています。

また、文章とは書かれるものであると同時に
「読まれるもの」です。

うまく書くために
うまく読むにはどうするか?
というようなことも合わせて向上できればいいな
と考えています。

講師は、奥野宣之さん

1981年大阪府生まれ。
同志社大学文学部ではジャーナリズムを専攻。
卒業後、出版社および新聞社への勤務を経て
現在は 著作家のほか、ライター、書評家、講師としても活動
してらっしゃいます。

みじかい時間ですが
「ワーク」も取り入れながら
身近なことであるのに
なかなか誰も教えてくれない
「伝わる文章の書き方」ということに
ついて みなさんで考えてみましょう!!

★開催要項★

■開催日時
2012年8月26日(日)

9:45開場
10:00開始
11:45終了予定

■会場
難波市民学習センター
第4研修室
(案内板は「HRC」)

■定員
35名

■参加費
2000円

■内容

★ライティングとは

★ライティングに必要とされる3要素

★週刊誌の記事を分析するワークを通して
「主観と客観」についてかんがえる

などです


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年08月26日(9:45 開場 10:00開始 11:45終了予定)
開催場所大阪市立難波市民学習センター 第4研修室
(大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階)
参加費2,000円(税込)
定員35人(先着順)
申し込み終了2012年08月26日 09時00分まで
主催

イベント概要

2012年08月26日

そのキモチをカタチにかえるコミュニケーション文章講座

大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階

http://kokucheese.com/event/index/49034/

「コミュニケーション」という言葉を見て なんだろ?と思った人も多いともいます。 この講座の目的は 「正しく伝わる文章を書くための力」を 身につけるです。 どういったことかといいますと 現在のインターネ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク