「弾きたい曲が自由に弾けない」
「演奏の表現や指導の限界を感じている」
「長い曲が疲れてしまう、手が痛くなる」

これらは、従来の ただ がむしゃらに練習し、身体の構造や全体のことを考えずに長時間、長期間訓練した結果起こっていることかもしれません。
やりたいこと(ピアノを弾くなど)をやりにくくしている原因を探って、邪魔していることをやめることによって、本来その人が持っているパフォーマンスの力を十分発揮できるようにするのがアレクサンダー・テクニークです。
そのアレクサンダー・テクニークに基づいて考え出されたのが「インテグレーションピアノメソッド(IPメソッド)」です。
やりにくくしている原因には、考えや心理的なこと、身体の構造に対する誤解、動き方や使い方の癖など さまざまなことがあります。
この講座はこれらのことを学ぶための導入セミナーです。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年12月07日(10:30〜12:00)
2018年1月12日
開催場所IAAセミナー室
(東京都世田谷区経堂5−36−7)
参加費2,000円(税込)
定員10人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年12月07日

ピアノ指導者のための「体の構造や脱力の奏法を知る」導入講座

東京都世田谷区経堂5−36−7

http://kokucheese.com/event/index/491747/

「弾きたい曲が自由に弾けない」 「演奏の表現や指導の限界を感じている」 「長い曲が疲れてしまう、手が痛くなる」 これらは、従来の ただ がむしゃらに練習し、身体の構造や全体のことを考えずに長時間、長期...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク