●電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作

●日時:11/22 18:00〜20:30 ※開場17:30

●会場 EDITORY神保町 http://www.editory.jp/

●募集人員:最大40名

●参加費:2,000円

・ハンズオンのためPC(OS問わず)持参推奨
会場にWi-Fiがありますが、ポケットWi-Fi等持参推奨

※※※ ハンズオン事前準備 ※※※

 当日はGithubを利用したファイル更新を実施のため、Githubのアカウントの取得を事前にお願いいたします。

 https://github.com/


●内容

①「Gitとは?」 20分

講師:小嶋 智


小嶋 智(こじま さとし) Publica/Vivliostyle

テキスト処理・ページ記述言語・マークアップ言語の周辺をぐるぐるまわりながら仕事をしつつ、趣味のEPUB制作環境をちまちま作っているソフトウェアエンジニア。

アサガヤデンショ、MastodonインスタンスBookwor.ms運営者。


②電子書籍制作での利用事例紹介

講演1「HTMLすら怪しいライターがGitを活用して電子書籍をつくったはなし」30分

講師:古田 靖


古田 靖(ふるた やすし)

ライター、エディター。電子雑誌トルタル編集長。1969年愛知県生、名古屋大学工学部電気学科中退。著書は「アホウドリの糞でできた国」「アイデアが生まれる人脈」など。


・質疑応答

 5分休憩(時間調整)


講演2「GitHub+OmegaTによる翻訳書制作ワークフローの可能性と課題」 40分

講師:伊原力也、太田良典


太田良典(おおた よしのり)

株式会社ビジネス・アーキテクツ。2001年にBAに参加、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)の委員として活動。Web技術の分野で幅広い専門性を持ち、セキュリティ分野においては「第二回IPA賞(情報セキュリティ部門)」を受賞。著書(共著)に『デザイニングWebアクセシビリティ』など。

http://bakera.jp/|http://twitter.com/bakera


伊原力也(いはら りきや)

freee株式会社。アクセシブルなインタラクションデザインの実践を標榜し、Webサービスやスマートフォンアプリの設計業務に従事。ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)理解と普及作業部会委員としても活動。HCD-Net認定 人間中心設計専門家。クリエイティブユニットmokuva所属。共著書に『デザイニングWebアクセシビリティ』、監訳書に『コーディングWebアクセシビリティ』(ボーンデジタル)。

http://mokuva.com/|http://twitter.com/magi1125


・質疑応答

 5分休憩(時間調整)


③ハンズオン 50分(〜20:30)

講師:伊藤 俊輔

・事前準備したGitリポジトリを参加者で更新して、ひとつのEPUBを生成します。

・参加者のみなさんには事前にGithubアカウントの取得をお願いいたします。

・GithubのWebサービスを利用してコンテンツの更新と管理を実際におこないます。



セミナー後、懇親会(有志参加)を行う予定。


●協賛 NPO法人 連想出版/版元ドットコム

●主催

 電書ラボ densholab.jp

 〒150-0001 渋谷区神宮前2-33-18-303

 TEL:03-3478-1774(ポット出版内)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年11月22日(17:30開場/18:00開始/20:30終了)
開催場所EDITORY神保町
(東京都千代田区 神田神保町2丁目12−3 安富ビル2F)
参加費2,000円(税込)
定員40人(先着順)
申し込み開始2017年10月26日 12時00分から
申し込み終了2017年11月22日 18時00分まで
主催

イベント概要

2017年11月22日

電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作

東京都千代田区 神田神保町2丁目12−3 安富ビル2F

http://kokucheese.com/event/index/493657/

●電書ラボ公開セミナー2017第3回 Gitを活用した電子書籍制作 ●日時:11/22 18:00〜20:30 ※開場17:30 ●会場 EDITORY神保町 http://www.editory.j...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク