CANVASよるがく★第9夜「ボランティアに贈るコミュニケーション術」

・人間関係でストレスをためずに、これからも活動を続けていきたい。
・自分のできることとできないことを、きちんと伝えて楽しく活動をしたい。
・みんなが、いろいろ活発に意見を言い合えるようなグループにしたい。

こんな思いを抱えていませんか?
楽しんで長くボランティア活動を続けるためには、人間関係におけるストレスをためないことが大切。
言い過ぎるのでも、我慢してのみ込むのでもない、
自分も相手も大切にした「アサーティブなコミュニケーション」の方法を知り、
一人ひとりが、いきいきと活動できる組織づくりにいかしてみましょう。

※アサーティブとは、
自分も相手も大切にして、誠実、率直、対等に自分の考えや要求を伝わるように伝える
コミュニケーションの方法と考え方のことです。

<話題提供者>
谷水美香さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会常任運営委員/
特定非営利活動法人アサーティブジャパン認定講師)
大阪市生まれ。大学卒業後から大阪府立の高等学校にて国語科の講師を勤める中、
社会的課題を解決するためにNPOの活動に参画してきた。
現在は、アサーティブコミュニケーションの講師活動に専念し、
実践的なトレーニングや講演会などを行っている。

<話題提供者からのコメント>
私がアサーティブに出会ったのが2002年。ボランティア活動の組織運営に関わり、
「経験も価値観も違うさまざまな人たちが、共に何かに取り組むためにはどのようにすればいいのか」と
悩んでいた時でした。それまでも、いろんな活動をしてきましたが、人間関係の難しさから、
活動を続けることを断念した経験があります。しかし、アサーティブを知ってからは、
人とつながりながら活動を楽しく、長く続けることができるようになりました。
ボランティアやNPOの活動のベースは「自発性」。
だからこそのコミュニケーションのコツがありますので、
それを今回皆さんにお伝えします。


■2018年3月9日(金)19時から21時 (受付18時45分から)
■会場 市民活動スクエア「CANVAS(キャンバス)谷町」会議室
 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
(京阪天満橋駅14番出口から徒歩8分、地下鉄天満橋駅3番出口、谷町四丁目駅1番出口から徒歩4分)
■最少開催人数 5人以上(先着順。定員に達しない場合は中止することがあります)
■参加費 1,000円(協会個人会員・パートナー登録500円)※ドリンク付き
■主催・お問合せ先 社会福祉法人大阪ボランティア協会【担当:阿部・椋木(むくのき)】
 電話:06-6809-4901 FAX:06-6809-4902 Email:office@osakavol.org
 URL:http://www.osakavol.org/03/yorugaku/index.html


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年03月09日(19~21時(受付は18時45分から))
ほぼ毎週金曜日19時から開催
開催場所市民活動スクエア「CANVAS谷町」大会議室
(大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」)
参加費1,000円(税込)
定員30人(先着順)
申し込み開始2017年11月08日 12時00分から
申し込み終了2018年03月09日 19時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年03月09日

CANVASよるがく★第9夜「コミュニケーション術」

大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」

http://kokucheese.com/event/index/495617/

CANVASよるがく★第9夜「ボランティアに贈るコミュニケーション術」 ・人間関係でストレスをためずに、これからも活動を続けていきたい。 ・自分のできることとできないことを、きちんと伝えて楽しく活動を...

お申込みはこちら

スポンサード リンク