講師 大浦紀彦先生(杏林大学医学部 形成外科)
   『最新の褥瘡管理と創傷治癒のための栄養療法』
       
    褥瘡や熱傷において栄養療法は治療戦略の柱のひとつである。褥瘡管理は
    この20年で大きな発展を遂げた。メカニズムの解明、体圧分散用具の開発、
    新しい創傷治療法の導入などがあるが、その中でも最も重要なのが、栄養管理の 
    重要性が浸透したことである。この講演では、褥瘡治療における栄養療法の考え
    方と、栄養とは別の最新の褥瘡管理、褥瘡の考え方について概説する。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年04月23日(201804231900)
(受付開始:18:30)
開催場所小金井宮地楽器ホール
(東京都小金井市本町6-14-45)
参加費1,000円(税込)
定員500人(先着順)
申し込み開始2017年11月25日 15時00分から
申し込み終了2018年04月23日 19時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年04月23日

平成30年 第3回 Tokyo EAT研修会

東京都小金井市本町6-14-45

http://kokucheese.com/event/index/497955/

講師 大浦紀彦先生(杏林大学医学部 形成外科)    『最新の褥瘡管理と創傷治癒のための栄養療法』             褥瘡や熱傷において栄養療法は治療戦略の柱のひとつである。褥瘡管理は     ...

お申込みはこちら

スポンサード リンク