NPO法人情報通信政策フォーラム(理事長・山田肇)と、株式会社アゴラ研究所(所長・池田信夫)は、2017年12月19日(火)にシンポジウム「電波改革で訪れるビジネスチャンス〜誤解だらけの改革の中身を徹底討論」を、エムワイ貸会議室四谷三丁目にて開催いたします。
日本の電波は長らく総務省の裁量行政で管理され「岩盤」の代表的な存在でした。しかし、IoTや自動運転など第4次産業革命に伴い、電波利用のニーズの高度化・拡大が予想されています。
政府の規制改革推進会議が11月30日に安倍首相に答申した規制緩和策では、OECD35カ国で唯一導入されていない電波オークションについては「検討継続」と先送りされたものの、価格競争の要素を含めた周波数の新しい割り当て方や、有効活用されていない帯域の利用を、民間から募集するなど、これまでにない変化が盛り込まれ、電波を利用したイノベーションの創出が期待され、企業側にも大きなビジネスチャンスが出現しつつあります。
反面、電波制度をめぐっては、「電波オークションをすれば既存のテレビ局の電波利権を壊して、偏向報道をやめられる」などといった事実と異なる言説がまかり通り、テレビ業界の改革反対につながっています。
当日は、政府の規制改革推進会議でワーキンググループ座長をつとめた原英史氏をお招きし、山田肇、池田信夫各氏ら専門家と、今回の答申内容について議論し、今後を展望します。このシンポジウムを機に、国民の財産である電波の改革に向けた実相を知っていただくとともに、今後の改革の動きやビジネスチャンスについて展望します。

日時:2017年12月19日(火)18:30~20:20(18:00受付開始)
会場:エムワイ貸会議室四谷三丁目 ルームA
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F
参加費:無料
登壇者:
・原英史(規制改革推進会議投資WG座長)
・山田肇(NPO法人情報通信政策フォーラム理事長)
・池田信夫(株式会社アゴラ研究所所長)
・真野浩(株式会社コーデンテクノインフォ代表取締役)
プログラム:
18:30~18:50
-パネリスト紹介
-第1部:政府に答申された電波改革の中身とは?
(原英史規制改革推進会議投資WG座長)
18:50~19:30
-政府の答申内容について他のパネリストから原座長に聞く
19:35~20:00
-第2部:ディスカッション(山田肇、池田信夫、真野浩3氏)
20:00〜20:20
-会場参加者との質疑応答


スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年12月19日(18時30分~20時20分)
開催場所エムワイ貸会議室四谷三丁目 会議室A
(〒160-0004 新宿区四谷3-12丸正総本店ビル6階(スーパー丸正6階))
参加費無料
定員100人(先着順)
申し込み開始2017年11月28日 00時00分から
申し込み終了2017年12月19日 18時00分まで
主催

イベント概要

2017年12月19日

ICPF×アゴラ緊急シンポ「電波改革で訪れるビジネスチャンス」

〒160-0004 新宿区四谷3-12丸正総本店ビル6階(スーパー丸正6階)

http://kokucheese.com/event/index/498407/

NPO法人情報通信政策フォーラム(理事長・山田肇)と、株式会社アゴラ研究所(所長・池田信夫)は、2017年12月19日(火)にシンポジウム「電波改革で訪れるビジネスチャンス〜誤解だらけの改...

お申込みはこちら

スポンサード リンク