複雑性悲嘆研修会は、複雑性悲嘆やそのリスクの高い人たちへの専門的なケアや治療について、検討や意見交換を行う場として、平成22年に立ち上がりました。今回で9回目になります。
  第9回CG研修会では、第1部は助産師で日本で初めて遺伝カウンセラーの資格をとられた佐々木規子先生に、周産期のいのちの問題に関わるグリーフについて、第2部は家族療法家として臨床・研究に活躍されている石井千賀子先生に、支援者自身の問題を扱う「原家族のワーク」を演習をまじえてご講演頂きます。どうぞご参加下さい。

*注意事項
本研修会への参加は、悲嘆のケアに関わる専門職や専門家、研究者、大学院生に限らせて頂いております。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年03月04日
午前11時~午後5時
開催場所関西学院大学梅田キャンパス
(大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階)
参加費5,000円(税込)
定員50人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年03月04日

第9回複雑性悲嘆研修会

大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階

http://kokucheese.com/event/index/501379/

 複雑性悲嘆研修会は、複雑性悲嘆やそのリスクの高い人たちへの専門的なケアや治療について、検討や意見交換を行う場として、平成22年に立ち上がりました。今回で9回目になります。   第9回CG研修会では、...

お申込みはこちら

スポンサード リンク