発達障害のある大学生の「働く」を考える

▼ごあいさつ
大学(高等教育機関)は、中学や高校生活と違い、学生自身が能動的に学業や就職活動を進めていくことが求められます。そのため、周囲環境に影響を受けやすい発達障害のある学生にとっては環境の変化が大きく、心理的な負担や苦手なことが増える場面でもあります。
本来は、専門的な支援サービスで学生を支える必要がありますが、現状では大学内外における支援の仕組みが整っているとは言えず、社会的な課題として解決していくことが望まれます。
今回の研究会は、大学生を取り巻く環境と支援のあり方について信州大学の高橋先生からご講演をいただきます。
そして第二部では、この近畿ブロックで大学生の就活支援プログラムを先駆的に取り組んでおられる3名に話題提供をいただき、「福祉の立場で明日から実践できること」を考える機会となればと思っております。

▼プログラム
第一部 基調講演(13:30~14:30)
 「発達障害のある大学生を取り巻く環境と大学内外における支援」
  高橋知音(信州大学学術研究院 教育学系 教授)

第二部 シンポジウム(14:40~16:30)
 「福祉(就労移行支援事業所)から考える発達障害のある大学生の就労支援」
 シンポジスト
  高橋亜希子(株式会社エンカレッジ 取締役)
  塚田吉登(社会福祉法人すいせい マネージャー)
  池田浩之(NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク 主任 兵庫教育大学大学院 特定助教)
 コメンテーター
  高橋知音(信州大学学術研究院 教育学系 教授)
 コーディネート
  星明聡志(社会福祉法人北摂杉の子会ジョブジョイントおおさか 所長)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年02月23日
開催場所大阪サテライト
(大阪府大阪市北区中之島4-3-53)
参加費1,000円(税込)
定員80人(先着順)
申し込み開始2017年12月29日 12時00分から
申し込み終了2018年02月16日 18時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年02月23日

発達障害のある大学生の「働く」を考える

大阪府大阪市北区中之島4-3-53

http://kokucheese.com/event/index/501904/

発達障害のある大学生の「働く」を考える ▼ごあいさつ 大学(高等教育機関)は、中学や高校生活と違い、学生自身が能動的に学業や就職活動を進めていくことが求められます。そのため、周囲環境に影響を受けやすい...

お申込みはこちら

スポンサード リンク