『不飽和脂肪酸とビタミンDの勉強会in東京(吉冨信長)』

日時:2018年2月17日13:00~17:30
場所:フクラシア浜松町 C会議室
(東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6F)

一講座につき8,640円

13:00~14:45 ビタミンD健康法
15:00~17:30 不飽和脂肪酸

【内容】
(第一部:ビタミンD健康法)
現代人が最も枯渇しているビタミン、それはビタミンDです。
ビタミンDはそもそも紫外線(UV-B)を浴びることで体内で合成できる、ホルモン作用のあるビタミンです。
しかし、ここ数十年の間、紫外線は悪玉とされ、避けることが推奨されてきました。そのため慢性的なビタミンD欠乏によって、ビタミンD特有の薬理作用が発揮されておらず、あらゆる疾患に結び付いています。
今回はビタミンDの基礎から学び、どうやって正常なビタミンDを維持するかを具体的にお伝えします。
特に、最近注目されているビタミンDによる乳がんの抑制効果を重点的に話したいと思います。

・紫外線は本当に悪なのか?紫外線との付き合い方。
・正常な血中ビタミンD濃度とはどのくらいか
・太陽光線の治療は古代からあった、その歴史と実例。
・ビタミンDは重要なホルモン
・ビタミンDと免疫機構
・インフルエンザとビタミンD
・ビタミンDとアレルギーマーチ
・ビタミンDとリーキーガットの関係
・ビタミンDが本当に注目されているのは抗がん作用(乳がん、大腸がんなど)があるから
・転移性がんとビタミンD
・ビタミンDの過剰症について
・ビタミンDとミネラルとの関係
・ビタミンD食材に魚が多いのはなぜ?
・糖尿病とビタミンD
・長寿ホルモン「アディポネクチン」とビタミンD

(第二部:不飽和脂肪酸)
水溶性の栄養素とは異なり、脂溶性の栄養素はその働きに二面性を持つことが多いです。
そのため、脂質の研究は炭水化物やタンパク質に比べると遅れており、見解も分かれることがあります。
今回の講義では、脂質の基礎をまず一からおさらいし、脂質という栄養素とどのように付き合っていくのかを学ぶ回にしたいと思います。

・脂肪酸の基礎からまずは学ぼう
・使うべき油と避けるべき油
・不飽和脂肪酸における二重結合には意味がある
・酸化反応と酸化ストレスは別もの
・活性酸素による「酸化」と、酸化酵素による「酸化」の違い
・過酸化脂質の制御機構
・酸化と脂質メディエーターと炎症
・オメガ3とアレルギーについて
・細胞膜の流動性の本来の意味とは?
・不飽和脂肪酸の代謝産物の働きを理解しよう
・なぜ脂質はこれまでに意見が分かれるのか?
・上手な脂質との付き合い方

【ご注意】
・セミナーの録音・録画は禁止です。
・写真は可ですが、講演内容の開示はお控えください。
・ご入金の確認をもちまして、お申込み完了&お席の確保とさせていただきます。
(振込手数料のご負担お願いします)
・振り込み名義が変わる場合はご連絡ください。
・法律上、個人的な医療相談はできませんのでご了承ください。

【キャンセルポリシー】
・ご入金後のご返金は承っておりません。欠席者に資料配布はしません。
・2/15までのご入金をお願いします。入金確認できない場合はキャンセルさせていただくことがあります。
・入金期限をすぎる場合はご連絡ください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年02月17日(13時~17時30分)
開催場所フクラシア浜松町 C会議室
(東京都港区 浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6F)
参加費8,640円(税込)
定員65人(先着順)
申し込み開始2018年01月08日 19時00分から
申し込み終了2018年02月14日 10時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年02月17日

不飽和脂肪酸とビタミンDの勉強会 in 東京 (講師:吉冨信長)

東京都港区 浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6F

http://kokucheese.com/event/index/503121/

『不飽和脂肪酸とビタミンDの勉強会in東京(吉冨信長)』 日時:2018年2月17日13:00~17:30 場所:フクラシア浜松町 C会議室 (東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル6...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク