「この子のつまずきはわかるけど、適切な教材が見つけられない」
「支援のための引き出しを増やしたい!」等…。
日々、子どもたちを支援する中で積もっていく悩み。

教材・ツールを活用した支援のアイデアを現場で実践・
研究をされているゲストをお招きし、学習に困難を抱える
外国人の子どもの支援について学ぶ機会です。

ご参加いただいた皆さんで悩みや情報を持ち寄り、
支援に役立つ教材について考える機会にぜひご参加ください。

12月17日の企画に続いて第2回目の開催となります。
第2回目は学習課題を身に付けるためにはどんな力が必要かと
いうことに焦点を当てたワークショップを行います。

外国人の子どもの支援や特別支援教育に携わっている方、
先生方、保護者の皆さんのご参加をお待ちしております!


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年02月11日(日曜日 13:00〜17:00)
開催場所パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)2階ワークショップ室
(知立市上重原町間瀬口116番地)
参加費無料
定員36人(先着順)
申し込み開始2018年01月12日 12時00分から
申し込み終了2018年02月10日 20時00分まで
懇親会 17:15〜18:00
懇親会場所知立市文化会館
(知立市上重原町間瀬口116番地)
→地図を開く
懇親会費無料
懇親会定員36人(先着順)
主催

イベント概要

2018年02月11日

「外国人の子ども」×「発達障がい」第2回 教材活用検討会

知立市上重原町間瀬口116番地

http://kokucheese.com/event/index/503208/

「この子のつまずきはわかるけど、適切な教材が見つけられない」 「支援のための引き出しを増やしたい!」等…。 日々、子どもたちを支援する中で積もっていく悩み。 教材・ツールを活用した支援のアイデアを現場...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク