コウ設計工房では、西川材の産地に近い事務所という特徴を活かし山の関係者とのネットワークにより、木の好きなお客様に、自邸の木の伐採体験から参加して頂きました。
木の特性、良いところも悪いところもわかっているので、適材適所の使用を、建て主さんにご提案しました。
伝統的な使い方から、設計者が工夫した面白い使い方など、実際の建物を見ながらご紹介します。
地元の技術力の高い工務店と連携し、今回はプレカットと手刻みのハイブリット加工にて必要な個所に伝統的な加工を施しています。
そうすることで地震につよく、長く住み続けることのできる丈夫な家となります。
温もりのある木の空間を体験、品質の高い西川材の家を、是非ご覧ください。

午前は11:00~、午後は13:00~関係者(建主さん、山主、設計者、施工者など)によるお話を予定しております。

見学はご予約制となっております。
見学ご希望の方はご希望の時間をご記入の上お申し込み下さい。
会場の住所、駐車場や送迎のご案内は申込みいただいた後にご連絡いたします。

《暮らしをかたちに》
建て主さんは子育て世代のご家族。
玄関から一直線にキッチン、洗面につながる、無駄のない家事導線。
一階のこあがりの畳の間は家族みんなで寝れて、ベビーちゃん達が小さいうちはお世話にも大活躍しそうです。
それらの空間は、生活導線をコンパクトにしてくれます。
また、南の吹き抜けが、一階をドラマチックに明るくし、空気の流れをつくりだしてくれます。
二階はこども達が大きくなったら個室にもできる空間とし、過ごし方によって構成できるようフレキシブルに。
建て主さんの暮らしを考えた機能的な気持ちのいい木の家です。

木造二階建て 
延べ床面積:33坪 一階:20坪 二階:13坪

《仕様や見どころ》
〇建て主さん自ら伐採に参加した、飯能の西川材を使用した梁や柱
〇構造材は全て良質な西川材で時間が経つにつれて丈夫で強くなる
〇フローリングや天井材の仕上げは西川材で調湿性やあり、夏はさらっと、冬は温か
〇壁は漆喰塗で調湿効果で、夏はさらっと冬は温かで過ごしやすい〇断熱材にはエコなセルロースファイバーを使用し、ほんわり温か室内環境もいい
〇リビングの吹抜けと高窓で太陽の光を室内にたくさん取り込める
〇床暖房式の掘りごたつでほっこり


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年02月18日(日曜日10:00~15:00)
開催場所埼玉県飯能市双柳
(埼玉県飯能市双柳)
参加費無料
定員制限はありません
申し込み開始2018年01月15日 15時15分から
申し込み終了2018年02月17日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年02月18日

木の家完成見学会 in 飯能

埼玉県飯能市双柳

http://kokucheese.com/event/index/503970/

コウ設計工房では、西川材の産地に近い事務所という特徴を活かし山の関係者とのネットワークにより、木の好きなお客様に、自邸の木の伐採体験から参加して頂きました。 木の特性、良いところも悪いところもわかって...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク