介護やリハビリの業界の課題・欲求を探索し、ITやモノづくり、デザインなどの力を取り入れて解決策を生み出すためには、どのようなプロセスで進めるべきか。

このテーマを深めるためのディスカッションを、仙台の介護事業者やリハビリ職の方々と実施した一連のワークショップ「課題・欲求探索メソッド開発およびハンズオンプログラム」の成果発表として行います。

今後、「課題・欲求探索メソッド」は、仙台の介護事業者向けに提供予定です。ふるってご参加ください。

▼日時:2018年2月16日(金)15:00-17:00
▼会場:TKP仙台東口ビジネスセンター カンファレンスルーム3C
  (仙台市 宮城野区榴岡1-6-30 ディーグランツ仙台ビル)
JR仙台駅 東口 徒歩4分/東西線 宮城野通駅 南1出口 徒歩2分
   ※アクセス https://goo.gl/jKfK3t

▼定員:20名
▼参加費:無料
▼参加申込:こくちーずのお申し込みフォームからお願い致します。
※申込締切:当日までお申し込みいただけます。
※定員到達の際は早期締切の場合もありますのでご了承ください。

▼主催:エイチタス株式会社
▼協力:一般社団法人ICTリハビリテーション研究会

▼プログラム(予定)
15:00-15:10 開会メッセージ・趣旨説明
15:10-15:55 基調報告「介護業界の課題と解決へのプロセスを描く」
 報告者:原亮(エイチタス株式会社 代表取締役)
  報告メニュー
  [課題抽出のノウハウ]
  ・「課題・欲求探索ワーク」報告
  ・ 現場の課題を引き出すプロセスとは?
  [抽出された課題へのアプローチ]
  ・テーマ1:
   介護の現場で求められる情報やノウハウの伝達を確実に行いたい
  ・テーマ2:
   事業所内にある本来のサービス以外の間接業務を効率化したい
  ・テーマ3:
   使い手が自由を獲得するための自助具や訓練具を生み出したい
  [課題解決への道筋]
  ・「いいものは使う、ないものは作る」を実践する
  ・解決手段を手早くつかむには
  ・未来を描くためのプラットフォーム
15:50-16:00 休憩
16:00-16:30 ディスカッション「介護の課題の引き出しを現場で行う意義とは?」
16:30-16:50 解説「介護の課題・欲求探索メソッド」の活用について
16:50-17:00 閉会メッセージ・各種ご案内

▼参加対象者:
・介護事業者の方(経営者・マネジャー等)
・リハビリ関係職(PT,OT,STなど)の方
・介護領域を支援対象としている公的支援機関および自治体関係者
・ITやデザイン、ものづくり関連の方
・学生の方
・その他、本イベントに関心のある方

【エイチタス株式会社について】
2016年2月設立。共創から生み出すソーシャルイノベーションの実現を旗印に、全国各地のあらゆる分野で価値創出につながるワークショップの開催等、場づくりや人づくりに注力をしている。2017年秋より仙台事業所を設置。
関連WEB⇒ http://htus.jp/

※本イベントは仙台市産業振興事業団「平成29年度企画提案型中小企業活性化推進事業」の支援による補助事業「IT活用のための地域産業向け課題・欲求探索メゾット開発およびハンズオンプログラム」として実施するものです。
※タイトル写真は1/23開催「訓練具・自助具をめぐる課題解決・欲求実現ワークショップ~セラピストとデジタルFabで生み出そう」の様子です。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年02月16日(15:00-17:00(開場14:30))
開催場所TKP仙台東口ビジネスセンター カンファレンスルーム3C
(宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30)
参加費無料
定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年02月16日

共創セミナー「介護現場の課題を解決へつなげるプロセスとは?」

宮城県仙台市宮城野区榴岡1-6-30

http://kokucheese.com/event/index/508528/

介護やリハビリの業界の課題・欲求を探索し、ITやモノづくり、デザインなどの力を取り入れて解決策を生み出すためには、どのようなプロセスで進めるべきか。 このテーマを深めるためのディスカッションを、仙台の...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク