CANVASよるがく★第14夜「なぜ増え続ける?放課後等デイサービス」

あなたの住む町に「放デイ」は在りますか?
障がいのある学齢期児童が放課後や休日に通い、療育と居場所を提供されて「障がい児の学童保育」とも呼ばれるサービスが放課後等デイサービスです。民間事業者の参入が進み、施行5年で事業所が9千か所を超え、14万人を超す利用者の選択肢が増えました。放デイは何故増えるのか?財政負担が膨らめば社会にとってはデメリットなのか?
この機会に、児童福祉について一緒に考えてみましょう。

<話題提供者の紹介>
礒野太郎さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会事業「裁判員ACT」チーフ、NPO法人市民活動サークルえん代表理事)
中学生で不登校を経験。そのまま青年期をバンド活動とお酒に費やしたが、生きづらさから逃げるようにバックパッカーとなり南米を放浪。大自然と現地人の生活を知り、生きることに向き合うと決意する。帰国後、ヘルパーとなり訪問介護や移動支援に従事しながらボランティアを始め、十数年を経て現在は放課後等デイサービス事業所を運営。自身が中学生のころに求めた「こんな大人がいれば、こんな居場所があれば」を実現するのが夢。

■2018年5月18日(金)19時から21時 (受付18時45分から)
■会場:市民活動スクエア「CANVAS(キャンバス)谷町」会議室
 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F(京阪天満橋駅14番出口から徒歩8分、地下鉄天満橋駅3番出口、谷町四丁目駅1番出口から徒歩4分)
■定員 12人(先着順)※会場の関係で今回は定員を設けております。必ずお申込みください。
■対象 テーマに興味・関心のある方ならどなたでも
■参加費 1,000円(協会個人会員・パートナー登録500円)
■主催・お問合せ先 社会福祉法人大阪ボランティア協会【担当:椋木(むくのき)】
 電話:06-6809-4901 FAX:06-6809-4902 Email:office@osakavol.org
 URL:http://www.osakavol.org/03/yorugaku/index.html


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年05月18日(19~21時(受付は18時45分から))
ほぼ毎週金曜日19時から開催
開催場所市民活動スクエア「CANVAS谷町」大会議室
(大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」)
参加費1,000円(税込)
定員12人(先着順)
申し込み開始2018年03月06日 10時00分から
申し込み終了2018年05月18日 19時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年05月18日

CANVASよるがく★第14夜「なぜ増え続ける?放課後等デイサービス」

大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」

http://kokucheese.com/event/index/510913/

CANVASよるがく★第14夜「なぜ増え続ける?放課後等デイサービス」 あなたの住む町に「放デイ」は在りますか? 障がいのある学齢期児童が放課後や休日に通い、療育と居場所を提供されて「障がい児の学童保...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク