CANVASよるがく★第17夜「テキストは”ウォロ”~文章の書き方Q&A」

 団体の機関誌や会報、SNSでの情報発信、プレスリリースなど、市民活動と文章作成はとても深い関係にあります。共感や理解、支援の輪を広げる重要ツールなのだから、当たり前ですよね。でも「うまく書けない」「思いを伝えきれない」と自覚している人は良い方、時には「自分にだけ分かる」言葉や表現で「伝えた」つもりになっていることも!? 書くことに苦手意識を持っているそんなあなたに、ウォロ編集委員長が「分かりやすく書く」ちょっとしたコツを解説します。新聞記者歴30年の経験からも、新聞の裏側や意外なトリビアをご紹介!
 文章だけでなく、最近の時事問題などについても意見交換し、広い意味での「伝える」大切さを再確認し、皆さんと共有したいと思います。

<話題提供者の紹介>
増田宏幸さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会常任運営委員)
1964年静岡県生まれ。88年4月毎日新聞社入社、奈良支局を振り出しに支局・本社で勤務し、大阪社会部在籍中の95年、阪神・淡路大震災に遭遇する。震災を受け、同年5月に毎日新聞で始まった初のボランティア面「希望夕刊VV」の初代担当。その縁で大阪ボランティア協会と出合い、月刊ボランティア(2004年から「ウォロ」)編集委員となる。現職は毎日新聞編集制作センター編集部長。

■日時 2018年6月22日(金)19時から21時 (受付18時45分から)
■会場 市民活動スクエア「CANVAS(キャンバス)谷町」会議室
 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F(京阪天満橋駅14番出口から徒歩8分、地下鉄天満橋駅3番出口、谷町四丁目駅1番出口から徒歩4分)
■最少開催人数 5人以上(先着順。定員に達しない場合は中止することがあります)
■参加費 1,000円(協会個人会員・パートナー登録500円)※ワンドリンク付き
■主催・お問合せ先 社会福祉法人大阪ボランティア協会【担当:椋木(むくのき)】
 電話:06-6809-4901 FAX:06-6809-4902 Email:office@osakavol.org
 URL:http://www.osakavol.org/03/yorugaku.html


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月22日(19~21時(受付は18時45分から))
ほぼ毎週金曜日19時から開催
開催場所市民活動スクエア「CANVAS谷町」大会議室
(大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」)
参加費1,000円(税込)
定員30人(先着順)
申し込み開始2018年03月06日 10時00分から
申し込み終了2018年06月22日 19時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年06月22日

CANVASよるがく★第17夜「文章の書き方Q&A」

大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-20-2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」

http://kokucheese.com/event/index/510918/

CANVASよるがく★第17夜「テキストは”ウォロ”~文章の書き方Q&A」  団体の機関誌や会報、SNSでの情報発信、プレスリリースなど、市民活動と文章作成はとても深い関係にあります。共感や理解、支援...

お申込みはこちら

スポンサード リンク