一番できない新入社員と呼ばれていました。
でも・・あるときについに

「君はちゃんと泥臭いことでも、自分たちの気持ちをわかってくれると思った。」

そうそうたる外資系大手コンサルタント企業が競合の商談でも、
いち中小企業の若手営業が大型受注をいただいたときに役員からおっしゃっていただいた言葉です。


最初は伝えたいことを言っていました。
でもあるとき気づいたのです。

「お客は、何か理由があるからわざわざ私たちと接している・・・ヒアリングが大切なのではないか?」

ヒアリングを中心に組み立て始めたら、驚きました。
営業成果があがり、どんどん案件が舞い込んだのです。

平均の6倍以上も受注しました。会社の後輩や、独立後のクライアントも、
決してトークがたくみでなくとも、お客から信頼を得て
みずから成果を上げ続ける営業になっていったのです。

どんなときにお客は営業を受け入れ、
モノやサービスを購入し、選ぶのでしょうか?

そこには、人の脳の構造や心理にそった本能的で本質的なメカニズムがあります。
ひとは「脳が開いて」はじめて、記憶に残し、関係を結ぶ動物。ならば脳を開くとは?


ロジック構成でも巧みなセールストークでもないので、だれでもできます。
お客が安心し、自然とあなたや商品やサービスの良さを受け入れてくれるから、
営業のストレスもごく少ない。

ヒアリングは教え教育もしやすく、
ヒアリング発の営業は「共感力」も生まれますので、
チームの雰囲気が一体化されて協力的になってきます。


営業をすぐに活性化して、明日からでも効果を実感したい、
しかもチームでも生かすならば真っ先にとりくむのはヒアリングです。


【平日夜神田】小さな会社・事業主のための無理なく営業売上急アップ
”「脳を開く」魔法の共感ヒアリング法”

得られることはこのようなことです。
2時間後、営業で取り組むべき視点が新しくなり翌日から使える豊かな可能性を感じてくださいね。

◆ これがはじまり、絶対忘れてはいけない。
  メンタルケアエキスパートが教える「聴く」の3原則とは?
◆ アプローチからスムーズに商談に入り自然とクロージング至るために
  意識したい脳構造「脳が開く」とは何か。
◆ BtoBもBtoCもまったくおんなじ。人が本当に求めているものは何か?
   人がもっとも心理的にもとめているたった一つの要素。
◆ 営業はただ聞くだけではなく、立つ位置が重要なのです。
  お客の信頼がどんどん引き寄せられる「選ばれるポジション」とは?
◆ お客の真の悩み、真のニーズをずるりと引き出し確実に成約高い提案につなげる「質問フレームワーク」。
◆ 売り込むプロセスでは現代では合いません。
  トップ営業調査でわかった営業プロセスとは「〇〇」と「〇〇」のプロセス。
◆ すばやくかけがえい無いパートナーになり、お客がみずから提案にのってくる
  「共感を生む三角形コミュニケーション」。


ここでしか聞けない話を交えながらの貴重な話になります。

セールス売上、だけでなく、
もっと人や会社と自然なコミュニケーションで信頼を
得る可能性を感じてくださいね。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年03月20日(19時~21時15分)
18時45分受付開始
開催場所岡田ビル 201号室
(東京都千代田区神田錦町2丁目9番地)
参加費5,000円(税込)
定員10人(先着順)
申し込み開始2018年03月13日 17時00分から
申し込み終了2018年03月20日 16時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年03月20日

無理なく営業売上急アップ「脳を開く」魔法の共感ヒアリング法

東京都千代田区神田錦町2丁目9番地

http://kokucheese.com/event/index/512570/

一番できない新入社員と呼ばれていました。 でも・・あるときについに 「君はちゃんと泥臭いことでも、自分たちの気持ちをわかってくれると思った。」 そうそうたる外資系大手コンサルタント企業が競合の商談でも...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク