今回の介護報酬改定では、「自立支援、重度化予防の取り組み」を強化し、「質の高いサービス」を実現することが求められています。
当セミナーでは、本当の意味での自立支援とは何かを理解し、その上で環境・プログラム・システムなど、これからのデイの運営に必要なことをわかりやすくお伝えし、総合的な自立支援のデイづくりを学びます。


セミナー内容
1.自立支援とは
 (1)自己選択・自己決定・自己遂行の支援
 (2)「尊厳を伴った自立支援」とは

2.何を「自立支援」するのか
 (1)「身体機能改善」の限界と「ADL改善」の限界と留意点
 (2)「裏価値観の植え付け」の注意 等
 (3)介護は「豊かな生活」「充実した人生」の実現を支援する

3.制度が求めるデイサービス、デイケアについて
 (1)デイの機能
 (2)今後必要となるデイの機能

4.過剰介護について
 (1)身体面での過剰介護と精神面での過剰介護
 (2)TPOに応じた対応
 (3)人生総体から考える自立支援

5.自立支援の環境づくり
 (1)環境の種類
 (2)自立支援の環境づくりの考え方
 (3)自立支援の環境づくりの例

6.自立支援の介助技術
 (1)自立支援の介助の考え方
 (2)介助技術 ①食事介助 ②移動介助 ③起立・歩行介助 他
 (3)福祉用具・自助具の活用

7.自立支援のプログラム
 (1)デイプログラムの考え方
 (2)自立支援のデイプログラムの例

8.自立支援のシステムづくり
 (1)自立支援のシステムの考え方
 (2)自立支援のシステムの例

9.「地域包括ケア」「共生社会」の中での自立支援のデイづくり
 (1)より大きな形での自立支援の考え方
 (2)デイの力は無限大

10.その他


講師紹介
妹尾 弘幸 (せお ひろゆき)
・株式会社QOLサービス 代表取締役
・早稲田大学 非常勤講師
・理学療法士
・介護福祉士
川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士勤務の傍ら有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門「多機能地域ケアホームありがとう」を開設。現在は株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「介護の経営と運営」などの定期購読誌を発行する傍ら、介護現場での臨床実践・研究なども精力的に行っている。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月30日(2018年6月30日(土)・7月1日(日)  2日間)
1日のみの参加不可
開催場所リロの会議室「田町」
(東京都港区芝5-26-24)
参加費24,000円(税込)
定員40人(先着順)
申し込み終了2018年06月29日 15時00分まで
主催

イベント概要

2018年06月30日

自立支援のデイづくりセミナー

東京都港区芝5-26-24

http://kokucheese.com/event/index/516594/

今回の介護報酬改定では、「自立支援、重度化予防の取り組み」を強化し、「質の高いサービス」を実現することが求められています。 当セミナーでは、本当の意味での自立支援とは何かを理解し、その上で環境・プログ...

お申込みはこちら

スポンサード リンク