・「発達障害のある人たちに向いている職業は何なのでしょうか?」
・「発達障害の傾向があるのでしょうか?診断を受けるべきでしょうか?」
・「発達障害のある人には恋愛や結婚はできないのでしょうか?」



はじめまして、NEI(ネイ)というハンドルネームで
「発達障害の感じ方を言葉にする」というブログを運営しております。

私が発達障害についての発信を始めてから1年が経ちました。
その中で、冒頭のような質問を受けることがとても多いのです。

これらの質問に共通するモノは「箱」です。

これらはすべて、
『自分が収まるべき箱』
についての質問なのです。

たしかに、
何かスッポリ収まることのできる「箱」があれば安心できます。

しかし、私たちは「発達障害」である前に
長い時間を生きてきた”一人の人間”ではないですか?

「発達障害」を収める箱があるからといって、
”一人の人間”を収める箱があるのでしょうか。

私は8年間ほど、発達障害の人たちと
関わり続け、1年間「発達障害」の発信をしてきました。

一度年末にイベントをすることはありましたが、
これまではじっくりと自分のメディアを
育てることに集中してきました。

その中で一つ、「言わなければならないこと」があると思いました。
表舞台に出て声を上げなければならないと思うことがあるのです。

それは、


『「発達障害」は自分を理解するヒントではあっても、
自分のカタチを決めてしまうモノではない』


ということです。
今回は、私の持てるすべてを用いて
まったく新しい

・発達障害関係ない「自分の在り方」

を考えるセミナーを開催したいと思います。

お伝えしたいことは山ほどあるので
内容は事前に用意させていただいておりますが、
当日の参加者のニーズに合わせて柔軟に対応したいと思います。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年04月29日(13:00から15:00)
開催場所ヴァリエンテフォーラム
(150-0001 東京都 渋谷区 神宮前1-8-8COXY188 6F)
参加費2,500円(税込)
定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年04月29日

発達障害関係なく「自分の在り方」を考えるセミナー

150-0001 東京都 渋谷区 神宮前1-8-8COXY188 6F

http://kokucheese.com/event/index/517606/

・「発達障害のある人たちに向いている職業は何なのでしょうか?」 ・「発達障害の傾向があるのでしょうか?診断を受けるべきでしょうか?」 ・「発達障害のある人には恋愛や結婚はできないのでしょうか?」 はじ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク