----------------------------------------------------------------------------
☆★☆【ご注意】こちらのページは「技術教育ゼロ≪午後の部≫開発環境構築」となります。☆★☆
----------------------------------------------------------------------------

「開発環境構築」のご案内

開発環境構築はお済みでしょうか?
毎年、開発環境構築に悪戦苦闘するチームがいます。
開発環境が作れないと、プログラム作成ができないのはもちろんのこと、
後に開催される「技術教育1、2」の受講にも影響します。
そこで東京地区では、「技術教育1、2」の前に「技術教育ゼロ(0)」を用意し、
「開発環境の構築をする講座」を開催しております。
他の参加者と共に助け合いながら開発環境構築を済ませてしまいましょう。
実行委員も参加者の開発環境構築を強力にサポートします。

みなさまのご参加お待ちしています!


◆開発環境構築の受講対象者
 東京地区エントリチーム(1チーム、最大2名)
※エントリフォームの「申込数」における単位が「人」の表記になっておりますが
 「チーム数」の意味ですので、お間違いのないようにお願いします。
 (東京地区実行委員会が、修正できるフィールドでないため、ご了承ください。)

◆場所
 (株)日立産業制御ソリューションズ 東京本社(秋葉原)

◆日時
 ≪午前の部≫
  受付   09:45 ※午前の部に参加する方向け
        【開発環境構築】
         10:00-12:00 「参加者みんなでつくる、開発環境構築」
         12:00-12:30 質疑応答
        【スケジュール作成会&相談室】
         10:00-11:00 スケジュール作成会
         11:00-12:00 相談室
         12:00-12:30 質疑応答

 ≪午後の部≫
  受付  13:45 ※体験記に参加する方向け
        【ETロボコン体験記】
         14:00-15:00
        ※2017年度東京地区大会(第一日目)DP優勝チームの
         「tadaima G2」さんにお話しを伺います。
  受付  14:45 ※午後の部に参加する方向け
★当該コース⇒★【開発環境構築】
         15:00-17:00 「参加者みんなでつくる、開発環境構築」
         17:00-17:30 質疑応答
        【スケジュール作成会&相談室】
         15:00-16:00 スケジュール作成会
         16:00-17:00 相談室
         17:00-17:30 質疑応答


 【厳守事項】
  ・開始10分前までに受付を済ませて着席してください


◆プログラム内容
以下に準拠した開発環境の構築を行います。
 ※技術教育1、2でも使用します。
[開発環境]:TOPPERS/EV3RT
[言 語]:C、C++

★開発環境が正しく構築できたかを以下の手段で確認します。
 ・開発環境を用いたサンプルプログラム(C言語) のコンパイル
 ・サンプルプログラム(C言語)を用いて、サンプルコースの試走
 ※公開されているサンプルプログラムは「EV3Way」のみとなっています。
 ※2018年度の新走行体はタイヤが新しくなっています。
  サンプルプログラムは2018年度の新走行体版と2017年度の旧走行体版の両方を用意しております。


◆持ち物
・筆記用具等

・相談したい内容
 →まとめておくと、効果的に相談ができます。

・開発環境を構築できるPC(Windows、Mac)
 →SDカードの接続ができるもの

・EV3走行体
※正式な組立図はまだ配布されていません。(4月27日現在)
 そのため、今回は仮の走行体で開発環境の確認をします。
1)2017年の走行体があるチームはそのまま参加してください。
2)初めて組み立てるチームは、以下リンク先にある参加検討用の走行体を組み立ててください。
  https://github.com/ETrobocon/etroboEV3/wiki
※センサーやモーターにつなぐケーブル(必要本数)もご持参ください。
※走行体を持っていない方は、持参されている参加チームやスタッフの走行体を借りて
 サンプルコースの試走を行います。

・micro SDカード
 →SDHC、4G以上であること
※東京地区実行委員会では、「SDHC、8G」での動作確認しています。
※たいていのPCは直接 micro SDカードを挿せないため、
 「microSDからSDカードに変換するアダプタ」が必要になります。

・モバイルインターネット環境(携帯用Wi-Fi、デザリング出来るスマートフォン等)
 →環境構築時に必要なアプリケーションをダウンロードするため
※Wi-Fiスポットや有線インターネット環境はございませんので予めご了承ください。

・サンプルコース
 →過去に参加経験のあるチームなど、サンプルコースをお持ちの方
※お持ちでない方のために東京地区実行委員会でも用意しますが、数に限りがあります。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年05月12日(10:00-12:30)
開始10分前までに受付を済ませて着席してください
開催場所(株)日立産業制御ソリューションズ 東京本社(秋葉原)
(東京都台東区秋葉原6-1)
参加費無料
定員20人(先着順)
申し込み開始2018年04月28日 12時00分から
申し込み終了2018年05月11日 12時00分まで
主催

イベント概要

2018年05月12日

ETロボコン2018 東京地区 技術教育ゼロ≪PM≫開発環境構築

東京都台東区秋葉原6-1

http://kokucheese.com/event/index/518100/

---------------------------------------------------------------------------- ☆★☆【ご注意】こちらのページは「技術教育ゼロ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク