第5回 DEOS協会 オープン シンポジウム
成立間近:IEC 62853 Open Systems Dependability
(開放系総合信頼性) 〜 活用の現状と今後の期待 〜


DEOS協会が推進して参りましたDEOSライフサイクルプロセスをベースとしたIEC 62853 Open Systems Dependability (開放系総合信頼性) の国際規格成立が間近となりました。この規格は、人工知能やIoTの発展に伴って急速に拡大している「相互に接続され変化し続ける開放系ソフトウェア」について、そのディペンダビリティ(総合信頼性)を担保するための基本フレームワークとして、国内外より大きく注目されております。本シンポジウムでは、すでに応用が始まりつつある自動車分野への適用例や、今後の期待される適用分野について議論いたします。

DEOS協会
オープン シンポジウム・ページ


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月05日
開催場所慶応義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
(東京都港区三田2-15-45)
参加費無料
定員200人(先着順)
申し込み開始2018年04月23日 00時00分から
申し込み終了2018年06月05日 00時00分まで
主催

イベント概要

2018年06月05日

第5回 DEOS協会 オープン シンポジウム

東京都港区三田2-15-45

http://kokucheese.com/event/index/518216/

第5回 DEOS協会 オープン シンポジウム 成立間近:IEC 62853 Open Systems Dependability (開放系総合信頼性) 〜 活用の現状と今後の期待 〜 DEOS協会が推...

お申込みはこちら

スポンサード リンク