「女性活躍」が叫ばれ、働く女性が増え、共働き家庭が増えました。働き続ける女性が増えたものの、活躍できていない、生きにくさを感じている女性が少なくありません。女性管理職はまだまだ少ないのが現状。家庭の中では家事育児が相変わらず女性中心に回っており、虐待や不登校、自己肯定感を持てない子どもたちの問題も散見されます。日本の社会、企業、風土、夫婦など、どのように考え、どこを改善していったらいいのでしょうか。ぜひご参加いただき、みなさんで考えましょう。

基調講演
「女性が活躍し続けるために~女性自身とパートナー&会社の意識改革が必要」
パク・スックチャ先生

<プロフィール>
アパショナータ, Inc代表&コンサルタント。専門は無意識の偏見・ダイバーシティ(多様性)・ワークライフバランス・テレワーク(在宅勤務)など。
米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。
米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など,太平洋地区での人事,スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして独立。同時に米国とアジアに精通したグローバルな経験を活かし、グローバル化と複雑化する多様性への適切な対応に向けダイバーシティの専門家として、多様な人材マネジメントと受容的環境構築(インクルージョン)への意識・風土改革及び教育研修に携わる。
近年では「無意識の偏見/アンコンシャスバイアス」を日本で広めるべく、執筆、講演等の普及活動及び、組織での意識改革と行動変革に力を注ぐ。
企業にメリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を出し、企業での在宅勤務(テレワーク)も専門とする。
http://www.worklifebalance.co.jp


司会
新田香織
開会挨拶
フィリップモリスジャパン
冒頭挨拶
「女性が活躍するために~イクメン、イクボス…そしてこれから」 安藤哲也
基調講演
「女性が活躍し続けるために~女性自身とパートナー&会社の意識改革が必要」 パク・スックチャ先生
海外レポートリレートーク
「女性管理職比率アジア一位!マレーシアの女性の意識」林田香織
「男を2週間でパパにするフランスの子育て」高祖常子
問題提起
「働き方と企業意識の今とこれから」川島高之
パネルディスカッション
ファシリテーター高祖常子
パク先生、安藤哲也、川島高之、山口理栄
会場からの質疑応答


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月30日
開催場所東京国際フォーラム
(東京都千代田区丸の内三丁目5番1号)
参加費無料
定員60人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年06月30日

FJパパママフォーラム ~多様な働き方&生き方を目指して

東京都千代田区丸の内三丁目5番1号

http://kokucheese.com/event/index/518425/

「女性活躍」が叫ばれ、働く女性が増え、共働き家庭が増えました。働き続ける女性が増えたものの、活躍できていない、生きにくさを感じている女性が少なくありません。女性管理職はまだまだ少ないのが現状。家庭の中...

お申込みはこちら

スポンサード リンク